「ベビースターぐるぐるもんじゃ」は、ベビースターを使った即席のもんじゃ風菓子

おやつカンパニーから販売されている「ベビースター ぐるぐるもんじゃ(ソース味)」。購入価格は80円。発売年は1996年。

これは、ベビースターを使った即席のもんじゃ風菓子。「ソース味以外にも色々フレーバーがあったような?」と思い、おやつカンパニーに問い合わせてみたところ「他のフレーバーが販売されていたのは10年以上前」とのこと。現在はソース味のみ販売されている。もうそんなに時が経っていたのか。


「ベビースターぐるぐるもんじゃ」は、ベビースターを使った即席のもんじゃ風菓子
ベビースター ぐるぐるもんじゃ

「ベビースターぐるぐるもんじゃ」は、ベビースターを使った即席のもんじゃ風菓子
セット内容

■つくりかた
1、カップに麺とスープを入れる。この際、麺とスープを混ぜておこう。

「ベビースターぐるぐるもんじゃ」を作る様子
麺とスープを混ぜて

2、お湯(または水)をカップの下側の線までそそぐ。

「ベビースターぐるぐるもんじゃ」を作る様子
お湯を注ぐ

3、スプーンでとろみが出るまで(約15秒以上)ぐるぐるかき混ぜる。

「ベビースターぐるぐるもんじゃ」を作る様子
ぐるぐる~

4、最後にふりかけをかけて完成!

「ベビースターぐるぐるもんじゃ」を作る様子
完成!

■実食
とろみのあるスープにサクッとした食感の麺。全体的に塩気が強く、ジャンク感溢れる味わいだ。

「ベビースターぐるぐるもんじゃ」は、ベビースターを使った即席のもんじゃ風菓子
あくまで“もんじゃ風菓子”

パッケージ裏にある「つくりかた」には水でもOKとあるが、お湯で作るのがおすすめ。スープにとろみが出てからすぐ食べると麺がまだかたく、カリカリとした食感が、しばらく混ぜ続けると麺にスープが染み込んで表面は柔らかく、中はカリッとした食感が楽しめた。お好みで調節しながら食べてみては。

■過去に食べた懐かしのお菓子
明治「ツインクル」
東京拉麺「しんちゃん 焼そば」
明治「ヨーグレット」シリーズ
東豊「ポテトフライ」
カバヤ「セボンスター」