CHRONIC TACOS(クロニックタコス)が東京・銀座にオープン
素材にこだわったタコス、日本上陸

アメリカ発のカリフォルニアン・メキシカン「CHRONIC TACOS(クロニックタコス)」が日本初上陸。3月8日、日本1号店が東京・銀座にオープンします。

クロニックタコスは、アメリカやカナダなどで50店舗以上を展開するファストカジュアル・レストラン。「一度食べれば病みつき(=クロニック)になる」タコスが提供されています。

CHRONIC TACOS(クロニックタコス)が東京・銀座にオープン
銀座店イメージ

メニューは、豊富なトッピングの中から好きな素材を選んで組み合わせられる“フルカスタマイズ・スタイル”。タコスの生地はフラワー(小麦)、コーン、クリスピータコスの3種類。肉はすべて国産が使われています。保存料や合成着色料は無添加、トルティーヤは遺伝子組み換えでない小麦とトウモロコシを使うなど、「素材の安心安全」にもこだわっています。

シーフードを使った“ヘルシータコス”や、黒毛和牛を甘辛い“すき焼き味”に仕立てた日本限定メニュー「Wagyu Sukiyaki Taco」なども販売される予定。料理は注文を受けてから作られるため、できたてを味わえます。

CHRONIC TACOS(クロニックタコス)が東京・銀座にオープン
Wagyu Sukiyaki Taco イメージ

店舗所在地は、東京都中央区銀座六丁目2番3号 Daiwa銀座アネックスビル1F。営業時間は11時~23時。