東京拉麺から販売されている「しんちゃん 焼そば」

以前、えん食べでもご紹介した東京拉麺の「ペペロンチーノ」。駄菓子屋に並ぶミニカップめんとしてかなり有名な一品だが、同じく東京拉麺から販売されている「しんちゃん 焼そば」をご存知だろうか?

丸っこいフォルムが特徴的なキャラクターがプリントされたミニカップの焼きそば。『あえて特徴を押さえてシンプルに美味しくシンプルに…。食べても食べても飽きない味を目指して開発』されたそう(東京拉麺公式Webサイトより引用)。価格は60円。

東京拉麺から販売されている「しんちゃん 焼そば」
しんちゃん 焼そば

『シンプル』を2回繰り返すだけあって本当にシンプル。中身はそば、ソース、ふりかけ、この3つだけ。

東京拉麺から販売されている「しんちゃん 焼そば」

作り方はよくあるカップ焼きそばと同じ。内側の線まで熱湯を注ぎ、蓋をして3分経ったらお湯を捨てる。ソースとふりかけを加え、よくかき混ぜたら完成だ。

東京拉麺から販売されている「しんちゃん 焼そば」
コーナーに湯切り口つき

東京拉麺から販売されている「しんちゃん 焼きそば」
ソースとふりかけを加え、よく混ぜる

甘みあっさりソース味。60円でこのクオリティはなかなか。ふかっ、というか、ぱらっというか、カップめんらしい食感のそばにソースがたっぷり絡んでいて結構うまいんだ。「ちょっと小腹が空いたな~」という時にぴったりのサイズ感。

東京拉麺から販売されている「しんちゃん 焼そば」
シンプルにうまい

駄菓子屋で購入すると小さなプラスチックのフォークがついてくることが多いのだが、このフォークが食べにくいのなんのって!絡まった麺をうまくほぐせない。でもこのもどかしい感じが最高に懐かしい!面倒くさくなって、カップに口をつけてガーッと流し込んでる子いたなぁ。

東京拉麺から販売されている「しんちゃん 焼そば」

■そういえば…
ふと、同じクラスだったY君を思い出す。そういえば彼が「これにビッグカツをのせると美味しいんだ!」と言ってなかったっけ。せっかくなので試してみた。

東京拉麺から販売されている「しんちゃん 焼そば」にビッグカツをのせたもの
Y君、激推し

すぐるの「ビッグカツ」をカットしてのせる。これだけ。カツにソースが染みてそこそこウマい。ウマいんだが、わざわざ組み合わせる必要性はさほど感じられなかった。正直、別々に食べたほうが美味しいよY君!

東京拉麺から販売されている「しんちゃん 焼そば」にビッグカツをのせたもの
温泉卵とか入れたらウマそうだなとは思った

調べてみると、「ぺペロンチーノ」、「焼そば」以外にも「しんちゃんラーメン」、「うどん屋しんちゃん」、「しんちゃんとんこつラーメン」、「しんちゃんカルビラーメン」が“しんちゃんシリーズ”として販売されているよう。カルビラーメンめっちゃ気になるけど食べたことないな!いつか全種手に入れたら食べ比べてみようと思う。

■過去に食べた懐かしのお菓子
明治「ツインクル」