東京・原宿のカフェ「ヨダか」の「半吉だんご」
癒しのカフェで、ほっこりおだんごを

2015年に公開された映画「さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~」から生まれたカフェ、東京・原宿の「ヨダか」。渋谷方面へ向かう路地裏、あたたかな陽だまりの中に佇むお店です。

ここで食べてほしいのが、「半吉だんご」。午後には売り切れてしまうこともあるほど人気のおだんごです。

東京・原宿のカフェ「ヨダか」の「半吉だんご」
原宿駅から歩いて10分ほど

◆あんこ+ホイップ+フルーツ

半吉だんごは、みたらしとあんこの2種類。ひと串に2粒のおだんごが刺さっています。価格は1本200円。また、あんこの上にホイップがのった「2段」(250円)と、ホイップ・フルーツがのった「3段」(300円)もあります。おすすめは「3段」!

東京・原宿のカフェ「ヨダか」の「半吉だんご」
左はいちごがのった「3段」、右はみたらし

東京・原宿のカフェ「ヨダか」の「半吉だんご」
串を持って、そのままパクッと!

おだんごはムッチムチ!つぶあんとホイップクリームがまろやかに溶け合う中、プチッとジューシーないちごの甘い果汁がこれを包み込むように広がります。ひと口めの感動といったら…!

東京・原宿のカフェ「ヨダか」の「半吉だんご」
おいしい…!

みたらしも美味。こんがりと香ばしく、タレは絶妙な甘じょっぱさです。とろみのある口あたりでも、みたらしが濃すぎないので上品なあと味。

東京・原宿のカフェ「ヨダか」の「半吉だんご」
上品な甘じょっぱさ

ほどよい苦みと酸味のバランスがいい、ヨダかブレンドの深煎りコーヒーともよく合います。なお、半吉だんごは時間帯によってまだ仕込み中だったり、売り切れていたりするので、念のため事前に問い合わせるのが確実かも。

東京・原宿のカフェ「ヨダか」の「ヨダかブレンドの深煎りコーヒー」
ヨダかブレンドの深煎りコーヒー

◆ホットドッグもおすすめ

ヨダかの「はみだしホットドッグ」(680円)もおすすめ。パンに無添加ソーセージとザワークラウト、そして茨城県産のらっきょうが隠し味に加えられています。

東京・原宿のカフェ「ヨダか」の「はみだしホットドッグ」
あたたかいシナモンティーとともに

東京・原宿のカフェ「ヨダか」の「はみだしホットドッグ」
女性の口でも食べやすい

こんもり盛られたザワークラウトはシャキシャキで甘ずっぱく、らっきょうがきいたみずみずしいおいしさ。長~いソーセージはパリッとジューシーで、お肉のうまみがほとばしります。さっくりもちもちとしたパンも絶妙!マスタードがぴりっとアクセントにきいています。

東京・原宿のカフェ「ヨダか」の「はみだしホットドッグ」
ソーセージがパリッとジューシー

一品一品、ていねいに作られているのを感じるおいしさで、じっくりと時間をかけて味わいたくなります。メニューにもお店の雰囲気にも「やさしさ」があふれるカフェ、ヨダか。都会の喧騒を逃れ、ふらりと立ち寄って癒されてみてはいかがでしょう。

東京・原宿のカフェ「ヨダか」の「シナモンティー」
あ、雲。