キッチン南海 沼袋店のカツカレー

人気洋食店「キッチン南海」。カレーの聖地であると同時にランチ激戦区でもある神保町の「キッチン南海 本店」が有名ですが、暖簾分けした店が他にもあるのをご存知でしょうか。

今回訪れたのは西武新宿線 沼袋駅から徒歩2分ほどの場所にある「キッチン南海 沼袋店」。暖簾分け店の中でもかなりの古参、昭和48年創業と歴史のあるお店です。

沼袋駅すぐ近くにあるキッチン南海沼袋店
キッチン南海 沼袋店

注文したのは勿論、人気メニューの「カツカレー(税込700円)」。注文すると店主がその場でカツを揚げはじめます。

キッチン南海沼袋店のメニュー
メニュー

ほんわり、いかにも美味しそうな香りと湯気が立ちのぼるカツカレー。本店のものに比べてカレーのルーはまろやかな色合いです(本店はもっとTHE 黒!って感じ)。お味噌汁付き。

キッチン南海 沼袋店のカツカレー
じゃーん!

キッチン南海 沼袋店のカツカレー
一皿が大きめ(右がスマートフォン)

まずはカレーを一口…、うっまー!ルーはとろみがあるタイプで、具の旨みがぎゅぅっと詰まった深みのある仕上がり。カレーらしいスパイシーさを感じさせながらもトゲトゲしい辛みはなく、コク・旨み・辛さが絶妙なバランスで組み合わされています。

キッチン南海 沼袋店のカツカレー
うっま

どちらかと言えば家庭的なタイプのカレーですが、自分じゃなかなか出せないこの旨みとコク。白米にたっぷり絡めて食べると最高にウマい…!

キッチン南海 沼袋店のカツカレー
「わ…、おいしい…。ほんとおいしい…」ってなる

カツは、ちょっと薄めなものの衣がサクサクでルーとの相性ばつぐん!大きさもあるためガッツリ食べたい人も満足できるはず♪

キッチン南海 沼袋店のカツカレー
揚げたてだからサックサク

キッチン南海 沼袋店のカツカレー
ルーとの相性も◎

常連さんは大抵カツカレーを注文するそうですが、その他のメニューも要チェック!筆者は「しょうが焼きライス(税込700円)」を頂きました。これがまた旨い!

キッチン南海沼袋店で提供されてるしょうが焼きライス
しょうが焼きライス(ライスと味噌汁つき)

味がしっかり染みたお肉を一口食べれば白米をかきこむ手が止まらなくなります。決して派手ではありませんが、確かな“腕”を感じさせる味わい。定期的に食べたくなる味だ…。

キッチン南海沼袋店で提供されてるしょうが焼きライス
味がよく染みてる

神保町店はランチタイムともなると行列が出来ますが、こちらは商店街からちょっとそれた場所にひっそりと構える店舗だからか地元の常連さんが通う落ち着いた雰囲気。気さくな年配のご夫婦が経営しており、実家に帰って手料理を頂くときのようなゆったりとした空気の中で食事が楽しめます。これはかなり穴場なのでは!?

近くを通った際、是非覗いてみて欲しい沼袋の「キッチン南海」。行って損はないですよ!

■キッチン南海 沼袋店
住所:東京都中野区沼袋3-27-6 リバティーハイツ高橋 1F