ミニストップ「アップルパイソフト」
ミニストップのソフトクリーム史上、初めてりんごを使った新作

ミニストップで初めて“りんご”を使ったソフトクリームが登場。「青森りんごソフト~焼りんご風~」と「アップルパイソフト」が、1月26日より順次発売されます。全店発売は2月9日。

これは、冬に食べたくなる“焼きりんご”や“アップルパイ”をソフトクリームで表現したもの。2017年11月より販売されている「ベルギーチョコソフト」が想定を上回る売れ行きのため、完売した店舗から順次前倒しして切り替わります。

青森りんごソフト~焼りんご風~は、青森県津軽産の紅玉りんご果汁を使ったソフトクリーム。シナモンの風味を加えて焼きりんごの味わいを表現しています。

ミニストップ「青森りんごソフト~焼りんご風~」
「りんご」ではなく「焼きりんご」というところがポイント

食べてみると、りんごでさっぱりしているかと思いきやソフトクリームと合わさることで、濃厚なカスタードのような味わいに。上品なりんごの甘みと乳のコクを、ほんのり香るシナモンが引き立てます。デザート感が強い!

ミニストップ「青森りんごソフト~焼りんご風~」
さっぱりしすぎず、濃厚すぎないちょうど良さ

一方のアップルパイソフトは、この青森りんごソフトに、大きめに砕いたパイと、シナモン入りの角切りりんごソースをトッピングしたもの。ミニストップでは初めて、カップのみで提供されます。

ミニストップ「アップルパイソフト」
しぼったソフトクリームに、パイとりんごソースをトッピング

ミニストップ「アップルパイソフト」
りんごソースには角切りりんごとりんごペースト入り

さわやかな甘みの青森りんごソフトに、しゃくしゃくトロリとしたりんごソースと、サックサク香ばしいパイが重なり、口の中はまるでアップルパイを食べたかのよう!とろみのあるソースやシナモンの香りで、冷たいのにどこかあたたかみを感じさせるデザートです。

ちなみにコーンで提供されない理由は「普通のコーンだとソースやパイがのり切らない」のと、「ワッフルコーンならのり切るが、パイの存在とかち合ってしまう」からだそう。

ミニストップ「アップルパイソフト」
試行錯誤の末、誕生したんですね

ちなみに青森りんごソフトはシナモンひかえめ、アップルパイソフトの方がりんごソースにしっかりシナモンがきいているので、シナモン好きにはアップルパイソフトがよりおすすめです!

価格は、青森りんごソフト~焼りんご風~と、これにソフトクリーム バニラを組み合わせた「青森りんごミックスソフト~焼りんご風~」が各220円、アップルパイソフトが270円、いずれも税込。期間限定での販売です。