石屋製菓「恋するチョコレート」
北海道らしい板チョコ

北海道銘菓「白い恋人」でおなじみの石屋製菓が立ち上げた新しいチョコレートブランド『ISHIYA CHOCOLATE』。その第1弾商品「恋するチョコレート」が1月12日から販売されている。

「白い恋人」のチョコレートをベースに厳選した北海道の素材を使って創作した商品。“シンプル&ナチュラル”なレシピで作った5種類のフレーバーが展開されている。

「北海道贅沢ミルクチョコレートと塩」は、白い恋人ブラックのミルクチョコレートをベースに、北海道サロマ湖水100%の塩を練りこんだチョコ。粒を感じるあら塩がチョコの甘みを引き立てるとか。

石屋製菓「恋するチョコレート」
塩をミックス

「ホワイトチョコレートと塩」は、白い恋人のホワイトチョコレートをアレンジし、北海道サロマ湖水100%のあら塩を練りこんだチョコ。クリーミーな甘みと自然からとれた塩の旨みのバランスが絶妙とのこと。

石屋製菓「恋するチョコレート」
ホワイトチョコ派にはこれ

「とうきび」は、白い恋人ブラックのミルクチョコレートをベースに、北海道美瑛産とうきびをぎっしり入れたチョコ。コーンは旨みや粒感をいかすため、フリーズドライされている。

石屋製菓「恋するチョコレート」
コーンぎっしり

「小豆と碾茶(てんちゃ)」は、白い恋人のホワイトチョコレートを和テイストにアレンジ。十勝産小豆の粉末を練りこみ、抹茶の原料である碾茶を加えて風味豊かに仕上げてある。

石屋製菓「恋するチョコレート」
和テイスト

「さくら」は、白い恋人のホワイトチョコレートをアレンジして桜の花びらのパウダーを散らしたチョコ。甘みの奥にふんわりと桜の香りが広がるそうだ。

石屋製菓「恋するチョコレート」
ほんのりピンク色

価格は800円(税別)。東京の「ISHIYA GINZA」および北海道内の一部直営店での取り扱い。