my little hapiness(マイリトルハピネス)「タルトマフィン」
小さな幸せを見つけて

東京・目黒駅西口から5分ほど歩いたところにある「my little hapiness(マイリトルハピネス)」。ご夫婦で営んでいる輸入洋品店に併設された隠れ家的カフェです。

ネルドリップで淹れたコーヒーやホットチョコレート、アルコールドリンクなどに加え、ちょっとユニークな自家製デザート「タルトマフィン」が評判。足を運んでみたところ、季節や素材を大切にする心が伝わってくるとっても素敵なカフェでした!

my little hapiness(マイリトルハピネス)「タルトマフィン」
目黒駅から歩いて5分

◆いつ来ても正解!季節のデザート

マイリトルハピネスでは、午後1時からデザートの提供が始まります。その内容も季節によって変わり、特に注目すべきは「タルトマフィン」(300円~)。カップ型のタルト生地にマフィン生地を詰めて焼き上げられたものです。

この日のフレーバーは秋冬が旬の「ラ・フランス」と「さつまいも」でしたので、2種類ともオーダー!

my little hapiness(マイリトルハピネス)「タルトマフィン」
左がラ・フランス、右がさつまいも

ラ・フランスのタルトは、マフィン生地の中にラ・フランスの果肉がごろごろ。一方さつまいもタルトは、新しい品種のさつまいも「シルクスイート」を使ったタルトマフィンに国産のはちみつをかけて仕上げられています。

◆外はサクサク!中はしっとり

タルトマフィンはナイフとフォークでいただきます。口に入れると、まずタルトのサックサク食感がお出迎え!生地に“焦がし小麦”が加えられているそうで、きなこみたいな香ばしさがあります。そして中のマフィンはふんわりしっとりとした口あたり。このギャップはずるい!

my little hapiness(マイリトルハピネス)「タルトマフィン」
外はさっくりタルト生地

ラ・フランスの果肉はしゃくっとした歯ごたえのあと、トロリとなめらかに溶けます。フルーティーでみずみずしい果実そのものの甘みが広がって…んん~っ、おいしい!

my little hapiness(マイリトルハピネス)「タルトマフィン」
ラ・フランス果肉がごろごろっと!

my little hapiness(マイリトルハピネス)「タルトマフィン」
みずみずしくて、ジューシー

さつまいもタルトは、しっとりとした口あたりでホクホクの甘み。でもねっちょりした甘さではなくあと口もすっきりしているので、本気出せば何個でも食べられそうです。ところどころにいもの皮も紛れていて、ふかふかの焼き芋を食べているみたい!

my little hapiness(マイリトルハピネス)「タルトマフィン」
さつまいもがぎゅっと詰まってる

my little hapiness(マイリトルハピネス)「タルトマフィン」
ほっこり甘い上品な味

席数は多くありませんが、広い窓から差し込む陽だまりの中で味わうタルトマフィンは格別。一人で訪れても、気さくな店主ご夫婦とのおしゃべりを楽しめるような温かい雰囲気のお店でした。もちろん、静かにコーヒーと読書を楽しむもよし。師走の忙しさをひととき忘れて、“リトルハピネス(小さな幸せ)”を見つけてみてはいかがでしょう。

my little hapiness(マイリトルハピネス)「タルトマフィン」
ドリップコーヒー(500円)

my little hapiness(マイリトルハピネス)「タルトマフィン」
お父さんのカフェ・オ・レ(600円)