電子レンジで温めたチョコパイ

幅広い世代に愛されるロッテのお菓子、「チョコパイ」。何故だか時折無性に食べたくなる不思議な魅力を持った一品だ。なんとなく、日清の「チキンラーメン」やマックの「フライドポテト」と同じ“力”を持っている気がする。

ロッテの「チョコパイ」
なんか食べたくなる時あるよね

先日、編集部内のおやつコーナーでもチョコパイを発見。いつもならそのままパクついているところだが、折角なので普段と異なる食べ方をしてみることにした。


■レンチン
まずは電子レンジ。500Wで大体10~15秒くらい軽く温める。

ロッテの「チョコパイ」
チョコパイもレンチンされるとは思わなかったろう

完成したのがこちら。コーティングチョコがとろけて艶が出てきたのは良い。が、サンドされたバニラクリームが怪しい。なんか出てる。

ロッテの「チョコパイ」をレンチンしたもの
レンチンしたチョコパイ

ロッテの「チョコパイ」をレンチンしたもの
クリーム溶けてる

温められた生地はほっくりとしたスコーンのような食感に。湿気が飛んだせいか少々パサつきが目立つものの、これはこれでアリ。とろっととろけたチョコに合う。問題はクリームだ。どうしても油っぽさが目立つ。

ロッテの「チョコパイ」をレンチンしたもの
とろっ

ロッテの「チョコパイ」をレンチンしたもの
クリームがなぁ

ちなみになぜ10秒前後かというと、最初に30~40秒ほど温めてみたところバニラクリームが溶けきって油と化してしまったから。こちらも食べてみたが、おすすめできない。

■トースター
お次はトースターで。30秒ほど軽く温める。正直「レンチンとそんな変わらないんじゃ…」なんて思っていたもののこれが意外と良い結果に。

トースターで温められるロッテの「チョコパイ」
アルミホイル敷いてね

完成したのがこちら。レンチンとは異なり、コーティングチョコが焼きチョコっぽく変化。クリームもほどよくとろけてなめらかな仕上がりに。プチホットケーキみたいな感じでわりとウマい。

ロッテの「チョコパイ」をトーストしたもの
トースターに入れたチョコパイ

ロッテの「チョコパイ」をトーストしたもの
こう見ると悪くない?

レンチンよりパサつきも若干弱い気がする。もうちょい温める時間に変化をつけたらうまいこといくんじゃないだろうか。

ロッテの「チョコパイ」をトーストしたもの
クリームがゆるくなった

■冷凍
最後は冷凍。冷凍庫で10分程度冷やしたものをいただく。結論から先にいうとこれが一番ウマかった

ロッテの「チョコパイ」を冷やしたもの
冷やしたチョコパイ

コーティングチョコがパリッ、ひんやり&ほろっと生地とクリームのバランスも良い。クリームに締まりが出たのが美味しさの秘密っぽいな。

ロッテの「チョコパイ」を冷凍したもの
チョコはパリッ、生地はほろっと

■結果
・チョコパイは冷やして食べるのが一番

なお個人差もあると思うがこれら3つを連続で食べた後、胸やけが酷かった。甘いものが大得意な人以外は毎日ひとつずつ試していくことをおすすめする。