「つけそば 麺彩房」の「特製つけそば」は麺が主役のつけそば

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「つけそば 麺彩房 五反田店」。昼時はいつも混んでいるこちらのお店。気になったので実際に行ってみた。

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「つけそば 麺彩房 五反田店」
「つけそば 麺彩房 五反田店」

筆者が向かったのは平日の15時頃。ランチタイムを過ぎていたこともあってか店内は空いていた。食券機で「特製つけそば(税込1,050円)」を購入。並盛は300gだが、同額で中盛り(450g)、大盛り(600g)に変更可能。


JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「つけそば 麺彩房 五反田店」の食券機
食券制

提供には時間がかかるようで暫く待った。10分ほどしてやってきたつけそばのトッピングは玉子、メンマ、チャーシュー、スープに浸った海苔。ごく一般的なつけめんといった印象だ。

「つけそば 麺彩房」の「特製つけそば」は麺が主役のつけそば
トッピングは別皿に盛られてくる

注目すべきはプリッと喉越しがよく、もちもち食感がクセになるストレート麺。それもそのはず実はこちらのお店、「大成食品」という麺製造会社直営のラーメン店なのだ。ちゅるっ、もちっ、プリッと三段階の食感が楽しめる麺はスープにつけずそのまま食べてみるのもおすすめ。おいしさがよく分かる。

「つけそば 麺彩房」の「特製つけそば」は麺が主役のつけそば
麺がウマい

スープはどろっ&コッテリ系かと思いきや意外とさらっとしたテイスト。魚介の味が強めに感じられる。これだけでもじゅうぶん美味しいのだが、欲を言えばあともう一段階クセというかアクセントが欲しいかな…。

「つけそば 麺彩房」の「特製つけそば」は麺が主役のつけそば
魚介系スープ

「つけそば 麺彩房」の「特製つけそば」は麺が主役のつけそば
ちゅるちゅるっ

しっとり系チャーシューとスープの相性がよく、噛むととろっと柔らかな脂のコクを感じるのもいいね。

「つけそば 麺彩房」の「特製つけそば」は麺が主役のつけそば

「つけそば 麺彩房」の「特製つけそば」のチャーシュー
チャーシュー

「つけそば 麺彩房」の「特製つけそば」の玉子
玉子

最後は割りスープを足して。少々魚介のコクが若干遠のくが飲みやすい一杯に仕上がる。水筒に入れて持ち運びたいなぁ。

「つけそば 麺彩房」の「特製つけそば」のスープ
割りスープを足して

全体的に見て“つけめん界の優等生”という印象を受ける「つけそば 麺彩房」の「特製つけそば」。スープにもうワンポイント欲しいところだが、主役は“麺”であることを考えるとこのバランスが一番なのかもしれない。気になる方は一度試してみては?

■つけそば 麺彩房 五反田店
住所:東京都品川区 西五反田1-23-7