クリオロ「幻のチーズケーキ」
ほんとに幻みたいなチーズケーキ、ありました

東京・小竹向原に本店を構えるパティスリー「CRIOLLO(クリオロ)」。ほか中目黒、神戸にも店舗を展開し、ケーキやパン、焼き菓子などを販売しています。

中でも看板メニューは、なんと10分で2,000本売れた(!)という「幻のチーズケーキ」(税込1,350円)。その名のとおり口に入れた瞬間「ふわっ」といなくなってしまう幻のような口どけと、甘すぎずなめらかなクリームチーズの味わいが絶品なんです!

クリオロ「幻のチーズケーキ」
手土産や差し入れにもぴったり!

◆ウソみたいな口どけ

幻のチーズケーキは、フランス産クリームチーズと厳選されたミルク、卵をしっかりと混ぜ合わせ、蒸し焼きにして仕上げられます。

クリオロ「幻のチーズケーキ」
4~5人で食べられるサイズ

チーズケーキと聞くと、ねっとりとした濃厚な食感をイメージしませんか?幻のチーズケーキはその真逆。ふわっふわで、ナイフやフォークを入れると崩れてしまいそうなほどの儚さです。

クリオロ「幻のチーズケーキ」
ふわふわほろほろ

クリオロ「幻のチーズケーキ」
どうにか形をとどめてる

口に入れるとその瞬間「しゅわんっ…」といなくなる衝撃の口どけ!これは無?無なの?「色即是空」という文字が脳裏をよぎりました。

ふわふわですが乾いたふわふわ感ではなく、水分をしっとり含んだやわさ。例えるなら、超しっとり系のチーズスフレや、コーヒーをひったひたに染み込ませたティラミスのビスキュイのような食感です。

クリオロ「幻のチーズケーキ」
噛まずして飲めそう

チーズの味もそこまで強くなく、上品なクリームチーズの酸味とコクを感じるさっぱりとしたおいしさ。食べても食べてもまた食べたくなるのは、幻の食感とこのくせのない味わいがあとを引くからなのでしょうね。

◆10秒チンして“焼きたて”に

また、1人前を切り分けて電子レンジで5~10秒(500W)ほど温めるとよりいっそう香ばしく、焼きたての手づくりパンプディングみたいにぷるぷるトロットロになります。これはこれでめちゃくちゃおいしいのでオススメ!

クリオロにはこのほか、チーズの量が2倍の「濃いチーズケーキ」もあります。もっと濃厚なチーズ味を欲する方はぜひこちらを試してみては?