■ 鷹を眺めながら絶品カレーを
吉祥寺駅から徒歩約15分、井の頭公園近くにある「鷹匠茶屋」鷹匠が運営する鷹カフェ。鷹を眺めながら本格的な料理が楽しめる。

「鷹匠茶屋」は、鷹匠が運営する鷹カフェ
「鷹匠茶屋」

落ち着いた雰囲気の店内には控えめな音量でオルゴール調のBGMが流れている。鷹の肖像画や鷹に関する映像が流れるテレビなど、どこを見ても鷹尽くし。さらに、飼育する際に必要なグッズの販売もされていた。

「鷹匠茶屋」は、鷹匠が運営する鷹カフェの店内
店内の様子

「鷹匠茶屋」は、鷹匠が運営する鷹カフェで販売されているグッズ
リードやグローブの販売も

鷹たちが過ごしているのはカフェスペースと壁を隔てた小屋の中。フラッシュを使わず、ガラス手前からの写真や動画の撮影が可能とのこと。鋭い瞳に見つめ返されて一瞬ドキリとしてしまったが、よくみると愛らしい顔をした子もいる。鷹たちのストレスにならないよう静かに観察を楽しんだ。

「鷹匠茶屋」は鷹匠が運営する鷹カフェ

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類
この凛々しい横顔を見よ

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類
じっとしていたかと思いきや

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類
急に激しくヘドバンをはじめた どうした

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類
何気ない仕草、すべてが絵になる

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類
美しい…

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類
凛々しさの中に垣間見える愛らしさが魅力

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類
気がついたら見つめられていた
(もしかして狙われてる…?)

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類
筆者の推し鳥はレジ横にいたこの子

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類
他に比べて小柄だが既に成鳥だそう

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類
ベビーフェイス

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類
くるりと振り返って

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類
足をぱたぱた

注文したのは店主おすすめの「ハリスカレー(税込950円)」。猛禽の一種である「ハリスホーク」から命名されたカレーだ。

「鷹匠茶屋」で提供されているハリスカレー
見るからにうまそう

これがめちゃくちゃウマい!深みのある味わいで、肉の旨み、野菜の甘み、スパイスのコクがしっかりと感じられる。アツアツのルーをふっくらと炊かれた白米に絡めながら鷹を眺める。なんか…贅沢…。

「鷹匠茶屋」で提供されているハリスカレー

落ち着いた雰囲気の中、時折鷹が羽ばたく音をBGMにウマいカレーをゆったりと楽しむ。鷹好きはもちろん、ちょっと大人なデートにもおすすめな「鷹匠茶屋」。井の頭公園を散歩した後はここへ寄るデートコースもありかも?

「鷹匠茶屋」で飼育されている猛禽類

■ 鷹匠茶屋
住所: 東京都三鷹市下連雀1-11-8