木村屋 あんバター

“ひそかな名品”を紹介する連載。59品目は、木村屋の「あんバター」。

木村屋といえばあんぱん、あんぱんといえば木村屋。あんぱんの代名詞といってもいいほどの知名度を誇り、全国のスーパーマーケットやコンビニで袋入りのあんぱんを手に取ることができる。


そんな木村屋は、都内を中心とした首都圏に約30店の直営店舗を展開している。今回紹介するのは、銀座本店限定・人気商品の「あんバター」。価格は230円(税別)。

木村屋 銀座本店 店頭
木村屋 銀座本店

木村屋 あんバター
店頭でもプッシュされている「あんバター」は、

木村屋 あんバター
ここだけの限定アイテムだ

生地はソフトなフランスパン生地。北海道の新鮮な生乳バターを使ったホイップと十勝産の大納言小豆の粒あんが2層に包まれている。

木村屋 あんバター
フランスパン生地×あん×バタークリームの洋風あんぱん

ひと口かじると、ぽってりとしたあんととろけるバタークリームが口の中にたっぷりと満ちる。あんの濃厚な甘さをフレッシュなクリームがまろやかに和らげる贅沢な味わい。

木村屋 あんバター
中にあん&バタークリームがたっぷり

パン生地のおいしさも注目すべきポイント。噛むごとに小麦の香ばしさが立ち、ほどよい硬さが中身のとろける食感を引き立てている。

木村屋 あんバター
中身と生地とが好バランス

中身たっぷりのあんぱんにおける生地は時としてただの「包み」になりがちだが、こちらはあん&ホイップとともに最後まで程よく存在感を発揮し続ける。

木村屋 あんバター
人気も納得のおいしさ

なお銀座本店以外の店舗・オンラインショップでも類似の商品「あんバターホイップ」(税込226円)が販売されている。今回食べ比べたところさほど違いは感じられず、あんバターの方が生地がややしっかりしているかなというくらい。手に入れやすい方を試してほしい。

木村屋の「あんバター」

木村屋の「あんバター」
銀座本店以外では「あんバターホイップ」(左)を!

≫【これ知ってる?】の記事をもっと見る