ハワイ発“マラサダ”の人気店「Agnes'Portuguese Bake Shop(アグネス・ポーチュギーズベイクショップ)」が浅草に
ハワイの人気マラサダ店が浅草に!

ハワイ発“マラサダ”の人気店「Agnes'Portuguese Bake Shop(アグネス・ポーチュギーズベイクショップ)」が関東初出店。日本5号店となる「Agnes'Portuguese Bake Shop cafe Tokyo Asakusa」が10月15日、東京・浅草にオープンします。

マラサダとは、ポルトガルから伝わったハワイの定番スイーツ。ポルトガル語で「ふぞろい」を意味するそうで、その名のとおり生地を1つ1つ手作業で揚げるため、出来あがった形の違いも楽しめるとか。

同店のマラサダは、強力粉やイーストなどを混ぜて発酵させた生地を揚げ、粉砂糖やシナモンなど全7種のフレーバーで味付け。オーダーごとに作られるため、表面はカリカリ、中はモチモチに仕上がります。やさしい甘さとほんのりとした香ばしさがやみつきになるそう。

ハワイ発“マラサダ”の人気店「Agnes'Portuguese Bake Shop(アグネス・ポーチュギーズベイクショップ)」が浅草に
外はカリッと、中はモチモチ

“こだわりのコーヒー”も提供されます。ハワイで日本人オーナーが経営するという「村松小農園」から直輸入したコーヒー豆を使い、ほのかな香りとあと味のいい渋み、飲みやすい味わいに淹れられたコーヒーが、マラサダとともに楽しめるとか。

ハワイ発“マラサダ”の人気店「Agnes'Portuguese Bake Shop(アグネス・ポーチュギーズベイクショップ)」が浅草に
コナコーヒー

ほかにも、ハワイを代表する料理「ポキボール」や、ハワイ名物「モチコチキン」「ロコモコ」、浅草限定の「抹茶マラサダ・きな粉」も登場する予定。

なお、10月10~12日の3日間はプレオープン期間として、マラサダドーナツが無料で提供されます。こだわりのマラサダを食べてみたい方はぜひ足を運んでみては。

店舗所在地は、東京都台東区浅草2-11-13。営業時間は11時~22時。イートイン・テイクアウトともに可能。

同店は浅草の新店のほか、1号店である大阪店をはじめ沖縄店、奈良店、テイクアウト専門の大阪・アメ村店が展開されています。