バーミヤン“幻の没メニュー”「ひつまぶし風チャーハン」
バーミヤンで“幻の没メニュー”が復活!

中華レストラン「バーミヤン」の各店で、“幻の没(ボツ)メニュー”が復活。テレビ番組「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系列)内の企画“没メニューレストラン”に選ばれたメニュー「ひつまぶし風チャーハン」が、9月13日より期間・数量限定で販売されます。価格は949円(税別)。

バーミヤンでは年間何100種類ものメニューが試作され、中でも実現化されるのはほんのひと握り。今回は、メニュー企画の段階で没になってしまった5品の中から、番組内で選ばれた「ひつまぶし風チャーハン」が販売されます(一部の店舗をのぞく)。


バーミヤン“幻の没メニュー”「ひつまぶし風チャーハン」
「お箸が止まらない」と大絶賛

このメニューは、チャーハンの上に、じっくりタレにつけて焼き上げたうなぎをのせたもの。セイロに盛りつけて提供されます。没になった理由は「セイロにチャーハンを盛ることでパラパラ感がなくなってしまう、濃厚なうなぎとの相性はしつこくなりがち」というもの。

ですが番組では、今までのバーミヤンのチャーハンにはない、お米のもっちりとした食感とうなぎのふっくらとしたやわらかさが好評。セイロに閉じ込めることでうなぎの香りが楽しめるほか、付け合わせの生姜や鶏ガラベースのスープを合わせると「味わったことがない美味しさ」「お箸が止まらない」などと絶賛されました。

なおメニュー開発者の一押しの食べ方は、「1、うなぎとチャーハンをそのまま一緒に」「2、お好みで生姜を入れてあっさりと」「3、最後は〆に鶏ガラベースの中華スープを加えて口にかきこむ」とのことです。お試しあれ。

バーミヤン“幻の没メニュー”「ひつまぶし風チャーハン」
付け合わせの生姜と

バーミヤン“幻の没メニュー”「ひつまぶし風チャーハン」
中華スープ