「富士山アポロビッグ」はミルクチョコにストロベリーチョコを重ね、さらにホワイトチョコをかけて“赤富士風に仕上げられたアポロ
このサイズ感

先日、山梨へ遊びに行った妹が「富士山アポロビッグ」をお土産に買ってきてくれた。価格は865円(税込)。談合坂サービスエリアで見つけたとのこと。

「富士山アポロビッグ」はミルクチョコにストロベリーチョコを重ね、さらにホワイトチョコをかけて“赤富士風に仕上げられたアポロ
葛飾北斎の浮世絵風景画「凱風快晴」がデザインされている

これは、ミルクチョコレート(下部)にストロベリーチョコレート(上部)を重ね、“頂上”部分にホワイトチョコレートをかけて“赤富士風”に仕上げられた大粒サイズのアポロ。ストロベリーチョコレートは、通常のアポロの3倍量のイチゴが使われており、濃厚な味わいが楽しめるとか。


「富士山アポロビッグ」はミルクチョコにストロベリーチョコを重ね、さらにホワイトチョコをかけて“赤富士風に仕上げられたアポロ
まるでキャンディーのよう

1箱に標準24粒入り。個別包装されており、一般的なアポロチョコと比べるとその大きさがよく分かる。じゅわっと広がるイチゴの甘酸っぱさと、ホワイトチョコレートのなめらかなミルク感が絶妙。1粒ひとつぶが大きめなので満足感もある。よく冷やしてから食べると、よりチョコらしい歯ごたえが感じられておすすめだ。

一般的な「アポロチョコ」
一般的な「アポロチョコ」と比べてみる

「富士山アポロチョコビッグ」と一般的な「アポロチョコ」
やはり大きい

“赤富士”がモチーフのちょっと贅沢な「富士山アポロビッグ」。お土産にいかがだろうか?