肉とワインの食堂「BISTRO BASH(ビストロ バッシュ)」が11月10日、東京・三軒茶屋にオープンする。

写真は「ビステッカ風ざく切り肉」
写真は「ビステッカ風ざく切り肉」

BISTRO BASHは、熟成肉を使った料理をメインに提供するフレンチビストロ。メニューの中でも、ヨーロッパで“最高級な食べ方”として古くから伝えられているという「ビステッカ風ざく切り肉」(1人前2,500円~、3人前から注文可、要予約)は注目の一品だとか。

肉料理のほかにも、産直の鎌倉野菜を使ったメニューや、パスタ、パングラタン、ガパオライス、魚介ブイヤベースなど、さまざまなメニューがラインナップ。また、ワインは1,980円~9,800円の価格帯で、50種類が用意されるそうだ。

鎌倉黄金とうがらしのぺペロンチーノ(880円)
鎌倉黄金とうがらしのぺペロンチーノ(880円)

11月10日と11日の2日間はオープンキャンペーンとして、「半額ビストロ肉祭り」を実施。肉料理が50%オフの価格で提供される。

対象となるメニュー例は以下のとおり(価格はすべて税別)。

ビーフランプ(国産) 1,180円→590円
ビーフリブロース(US) 1,480円→740円
本日の熟成肉(国産) 2,980円→1,490円
Tボーンステーキ(US) 8,000円→4,000円

店舗所在地は、東京都世田谷区太子堂1-12-24 阿藤ハイツ1F。営業時間は18時~翌0時(ラストオーダー23時)。