本格的なタイの味が楽しめる缶詰として有名な“いなばのタイカレー”。カレーのほかにも、タイ風の鶏肉料理やスープなどの缶詰が展開されています。そんないなばのタイシリーズには、実はデザートの缶詰もあるのです。ご存知でしたか?

“タイシリーズ”のデザート、見たことある?
“タイシリーズ”のデザート、見たことある?

タイデザートって、タイ料理専門店以外ではなかなか食べる機会がないもの。それが好きな時に手軽に食べられる缶詰であれば嬉しいですよね。

タイカレーのクオリティからすれば、デザートにも期待が持てますが、実際のところどうなのでしょう。気になったので、食べてみました!


■いなばの“タイシリーズ”デザート缶詰を食べてみた

今回入手したデザート缶詰は3種。「ナタデココ・ココナッツミルク」(203円)、「かぼちゃとココナッツムース」(257円)、「ココナッツ・あずきミルク」(267円)です。※価格は全て税込

いずれも「本場タイで製造」
いずれも「本場タイで製造」

いずれも内容量は125g。もちろん常温保存OKで、賞味期限まで1年以上ありました。

なおタイカレーに比べ扱っているお店は少ない模様。5件ほどスーパーを見て回り、大きめの店舗でようやく発見しました。

ゆであずき缶詰などの近くで発見!
ゆであずき缶詰などの近くで発見!


◆ナタデココ・ココナッツミルク

ココナッツミルクは、ややとろみのある液状。サイコロ状のナタデココが入れられています。

缶を開けると、いちめん乳白色
缶を開けると、いちめん乳白色

お皿に移すとナタデココがぷかり
お皿に移すとナタデココがぷかり

見た目はざらりとした質感ですが、口あたりはなめらか。ぎゅっと濃厚なココナッツミルクの甘みが舌の上に広がります。

ナタデココは、おなじみのプリッとした食感にほんのりとした甘み。さっぱりとしているので、ココナッツミルクをたっぷり絡めて食べるのがgood。

ココナッツミルクをたっぷり絡めて
ココナッツミルクをたっぷり絡めて

タイ料理店のデザートでもよく見るココナッツミルクですが、それらに引けをとらないくらいに濃厚な味わいです。


◆かぼちゃとココナッツムース

フタを開けると、いちめん鮮やかなかぼちゃ色。

混じりけのないかぼちゃ色
混じりけのないかぼちゃ色

ぶるんと弾力があり、ほぼそのままの形でお皿に移すことができました。

お皿に移しても缶の形そのまま
お皿に移しても缶の形そのまま

口にすると、はじめはざらりとした舌ざわりに、かぼちゃのほくほくとした甘みが主体。熱でなめらかに口どけるとともに、濃厚なココナッツミルクの甘みがじわっとやってきます。

かぼちゃの甘みが堪能できる
かぼちゃの甘みが堪能できる

ムースというよりはプリンに近く、濃厚でボリュームのある一品。タイのデザートでタロイモを使った焼きプリン「カノムモーケン」にも似ています。


◆ココナッツ・あずきミルク

ミルク色のベースから、半透明のタピオカが顔を出しています。

タピオカの粒が大きい!
タピオカの粒が大きい!

お皿に開けると、あずきとタピオカパールがごろごろ。

ミルクにはあずきに染まった部分も
ミルクにはあずきに染まった部分も

ベースのミルクは、ココナッツの甘みが強く、濃厚でなめらかな口あたり。質感はややとろみのあるヨーグルトといったところ。

具がごろごろ!
具がごろごろ!

タピオカパールは、舌で押すだけでつぶれる柔らかさ。ふだん口にするタピオカのような弾力はなく、細かにほぐれ、ミルクと一体化していきます。一方のあずきはしっかり粒感があり、かむとほっくりとした味わいがミルクの中に広がります。

2種の具の食感のコントラストが楽しく、具だくさんで食べごたえあり。あずきによりどこか和も感じる一品です。


■まとめ

いずれも濃厚で本格的な味わいが楽しめた、いなばのタイデザート缶詰。強めの甘み×ココナッツの組み合わせが好きな人にはかなりオススメです。価格も手ごろで日持ちがするので、突然のスイーツ欲に備えてストックしておいてもいいかもしれませんね。