餃子専門店「浪花ひとくち餃子 餃々(チャオチャオ)」が8月18日、東京・浜松町に「浜松町店」をオープンする。

会社帰りにビールと羽根つき餃子、いかが?
会社帰りにビールと羽根つき餃子、いかが?

看板メニューは、“奇跡のパリパリ羽根つき餃子”と好評を得ている「チャオチャオ餃子」。厚さ0.9mmという“極薄”の皮、厳選して仕入れた国産の豚肉や野菜、さっぱりとした自家製のタレなどを使い、“秘伝の焼き水・白い水”で焼き上げられるパリパリの“羽根”が特徴だそう。1人前2枚入り、価格は600円(税込)。

看板メニューの「チャオチャオ餃子」
看板メニューの「チャオチャオ餃子」

ほかにも、新食感が楽しめるという「もちもち米粉餃子」や、ニンニクを使わない「生姜餃子」、丸ごとエビのむき身を薄皮で包み、蒸し焼きにした「プリプリ海老餃子」などもラインナップ。

また、“まるかぶり”できる「蟹と海老の贅沢ロング棒餃子」や、好きなフレーバーをかけて袋ごと振ってから食べる「シャカシャカ餃子」、熟成トマトとモッツァレラチーズを組み合わせた「トマトとモッツァレラチーズの餃子」など、創作餃子も用意される。

なお、8月18・19・20日の3日間は「オープン記念キャンペーン」として、生ビールが半額になるそうだ。

店舗所在地は、東京都港区浜松町2丁目12番1号 ガーデン浜松町1階。営業時間は、ランチ11時30分~14時30分、ディナー16時~23時30分。日曜定休。