激辛グルメの祭典「激辛グルメ祭り2015」が9月2~23日の期間、東京・新宿の大久保公園で開催される(9月8日、16日をのぞく)。

今年もやるぞ!激辛グルメ祭り
今年もやるぞ!激辛グルメ祭り

今回は“過去最多”となる21店舗が集結。開催期間中、3つの“ラウンド”ごとに出展店舗が入れ替わる。

9月2~7日の6日間は「1st Round(ファーストラウンド)」。2014年も出展し人気だったベトナム料理店「ヴェトナム・アリス」や、今年初登場となる表参道のとうがらし料理専門店「赤い壺」、“常に満席”という新大久保の韓国料理店「プングム TAK CAFE」など9店がラインナップ。

1st Round出展店舗
1st Round出展店舗

9月9~15日の7日間は「2nd Round(セカンドラウンド)」。2013年に「冷やしトムヤムクンラーメン」が大好評だったタイ料理店「ソウルフードバンコク」や、“激辛マニア”が絶賛するという池袋のインド料理店「サフラン池袋 幻のインド料理」、中華系マレーシア料理を提供する荻窪の「馬来風光美食(マライフウコウビショク)」など9店がラインナップ。

2nd Round出展店舗
2nd Round出展店舗

9月17~23日の7日間は「3rd Round(サードラウンド)」。“漬け唐辛子”を使った「四川マーボー豆腐」を提供する中国料理店「福満園 別館」や、本場のシェフが作るメキシコ料理店「FONDA DE LA MADRUGADA(フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ)」、“埼玉で一番辛いうどん”で有名な「武蔵野うどん 藤原」など9店がラインナップ。

3rd Round出展店舗
3rd Round出展店舗

中には、2ラウンドまたは3ラウンド通しで出展する店舗も。「蒙古タンメン中本」は3ラウンドとも出展し、1st Roundでは昨年も人気だった「冷し辛ソーラーメン」、2nd Roundでは“激辛ドウフ”とキャベツを合わせた「肉ドウフジャン麺」、3rd Roundでは豚バラ肉や豆腐、たけのこがたっぷり入った餡を冷たい麺にかけた「冷し特製樺太麺」を提供するそうだ。

なお、ラウンドごとの出展店舗と提供メニューの詳細は公式サイトを参照のこと。

イベント会場所在地は、東京都新宿区歌舞伎町2-43 新宿区立大久保公園。開催時間は、各日11時30分~21時。入場無料、飲食代が別途必要(食券制)。