すっかりスイーツの定番フレーバーとなった“抹茶”。こんにちではアイスやチョコ、ケーキなど、さまざまなスイーツに抹茶味がラインナップしています。

そんな人気フレーバーが、このたびカレーにも進出していることが発覚。その名も「抹茶カレー 小豆入り」。輸入食品などを扱うカルディコーヒーファームで発見しました。価格は308円(税込)。なお、期間限定商品のもよう。

人気の“抹茶”フレーバーがカレーに!?
人気の“抹茶”フレーバーがカレーに!?

抹茶味のカレーというだけでなかなか衝撃的なのに、具に小豆という和スイーツのような取り合わせ。どんな味なのか気になったので、試してみることにしました。

■抹茶カレーって?

原材料は牛乳、炒めたまねぎ、クリーム、小豆、鶏肉、ココナッツパウダーなどで、濃厚そうな気配です。カロリーは1食180gあたり295kcal。抹茶は“国産のテン茶を石臼で挽いた抹茶”が入れられているそう。

パッケージ表
パッケージ表

パッケージ裏
パッケージ裏

レトルトカレーなので、箱の中のパウチをこのままお湯であたためるか、お皿に移し電子レンジであたためるかして、ごはんにかければ出来上がりです。

中にはパウチ袋ひと袋入り
中にはパウチ袋ひと袋入り

■抹茶カレーを食べてみた

ご飯と共に、お皿に盛り合わせた抹茶カレー。グリーンカレーを見慣れているせいか、見た目による違和感はなし。香りもごく普通、カレーのいいにおいがします。

グリーンカレーみたいな抹茶カレー
グリーンカレーみたいな抹茶カレー

小豆はルーに沈み込んで見えませんが、スプーンですくってみるとこの通り。

ルーの中に小豆が沈んでいます
ルーの中に小豆が沈んでいます

口にしてみると、クリーミーで甘く、マイルドな口あたり。辛さはほとんどなく、カレールーでいえば“甘口”でしょう。インドカレー店のバターチキンカレーにも似た味わい。ほんのりと抹茶の苦みが感じられますが、言われなければスパイスの一種かな?と見逃してしまうかも。それくらい自然になじんでいます。

小豆は舌でつぶせるほどのやわらかさながら、中身のほっくりとした質感で存在感あり。小豆自体のほんのりした甘みが、抹茶の苦みにマッチしています。なお具には小豆のほかに鶏肉も入っており、食べ応えもあります。

スイーツのイメージが強い組み合わせの抹茶&小豆ですが、カレーの中においても華麗なタッグを組んでいました。いつもと違う“抹茶味”、抹茶好きなら一度はトライしてみてはいかがでしょう。