DOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYO(ドミニクアンセルベーカリートウキョウ)から、夏限定のオリジナルソフトクリームが7月18日に発売される。価格は728円(税別)。

写真は「Sourdough Soft Serve (サワードゥ・ブレッド ソフトクリーム)」
写真は「Sourdough Soft Serve (サワードゥ・ブレッド ソフトクリーム)」

これは、ニューヨーク本店で週末のみ販売され、行列が絶えないほど話題になっているというソフトクリーム。今回、表参道の店舗では、7月18日~9月30日の期間限定で販売される。

フレーバーは、新感覚の“パン”フレーバー「Sourdough Soft Serve (サワードゥ・ブレッド ソフトクリーム)」と、ウィスキー「響」を使ったジュレがトッピングされた「Caramel “HIBIKI” Soft Serve(キャラメル “HIBIKI” ソフトクリーム)」の2種類。いずれも日本限定のフレーバーだ。

サワードゥ・ブレッド ソフトクリームは、独特な酸味を持つパン“サワードゥ・ブレッド”をローストして粉砕し、その芳醇な香りをミルクに移して作ったソフトクリーム。バターが香るカリカリ食感の“クラム”と、アプリコットコンポートがトッピングされている。クレープ状に巻いた自家製ラングドシャにのせて提供される。

一方、キャラメル “HIBIKI” ソフトクリームは、なめらかな口あたりを追求したというキャラメルフレーバーのソフトクリームに、フルーティーな「響」のジュレをトッピングしたもの。独自の製法で、キャラメルの風味が最大限に引き出されているそう。こちらも、クレープ状に巻いた自家製ラングドシャにのせて提供される。

提供時間は、毎日12時~19時。

「Caramel “HIBIKI” Soft Serve(キャラメル “HIBIKI” ソフトクリーム)」
「Caramel “HIBIKI” Soft Serve(キャラメル “HIBIKI” ソフトクリーム)」