シンガポールの“ローカルフード”が楽しめる「威南記海南鶏飯(ウィーナムキーハイナンチキンライス)」が7月28日、東京都港区の「田町グランパークプラザ」内にオープンする。

“本物の”シンガポールチキンライスがここにある
“本物の”シンガポールチキンライスがここにある

同店は、シンガポールで、ローカルフード「チキンライス」を提供するもっとも有名なレストランのひとつ。シンガポール観光局のウェブサイトでも紹介されているほか、同国政府が国賓をもてなす際にも同店のチキンライスが振る舞われるのだとか。

シンガポールチキンライスは、蒸し鶏と、チキンスープで炊いたご飯を、ダークソイソース、チリソース、おろし生姜を合わせたソースで味わう料理。今回、日本初上陸となる店舗でも、伝統的な現地の調理法で作られるチキンライスが提供されるそうだ。

店舗所在地は、東京都港区芝浦3丁目4番地1 田町グランパークプラザ内。屋外テラス席も用意されており、ガーデンバーベキューも楽しめるとのこと。

店内イメージ
店内イメージ