“珍肉”が集まるグルメイベント「珍肉大集合!!ワイルド BBQ~ここでしか食えない肉がある~」が開催された。“スーパーの店頭で売っている肉は焼きません”というこのイベント。どのような肉たちが登場するのだろうか。

えん食べ編集部は、6月21日、雨が降るなか多摩川沿いで開催された回に参加してきた。

未知との出会いを--「ワイルドBBQ」フォトレポート
未知との出会いを--「ワイルドBBQ」フォトレポート

会場へ着くと、まず気になるのは、間違いなく「豚の丸焼き」だろう。炭を置いたコンロの上に取り付けられている。これには通りがかる人も興味津々。近くでバーベキューをしている若者、サッカー帰りの子どもたち、ユニフォームを着てバットを背負った父親たち…あらゆる人が足を止めている。この豚はおよそ10kg、焼き上げるのに3時間かかるそうだ。

とりあえず豚にカメラを向ける人々。そりゃ気になるよな
とりあえず豚にカメラを向ける人々。そりゃ気になるよな

さて、そうこうしているうちに参加者がそろった。宴が始まる。主催者のHoliday Jack(ホリデイジャック)によると、今日はスタッフのTシャツにプリントされている動物の肉が登場するらしい(ラクダは輸入の都合上提供されないとのことだった)。ヤギ、ウサギ、カンガルー、ダチョウ、ワニ…普段はなかなかお目にかかれない動物たちが並んでいる。

Tシャツには今回の主役である動物たちが並んでいる
Tシャツには今回の主役である動物たちが並んでいる

ドリンクは、自由におかわりできる。生ビールのほか、チューハイ、カクテルは缶で。ソフトドリンクも用意されている。好きなドリンクを手にしたら乾杯のコール。コンロに火が入れられ、煙をあげる鉄板の上に肉が並べられていく。

トップバッターはカンガルー(串)。牛の赤身肉を食べているイメージに近く、脂身がなくてさっぱりしている。のちに振り返ってみると、個人的にはこれが最もおいしかった。

カンガルー肉は脂身が少ない
カンガルー肉は脂身が少ない

続いて、ウマ、ラム(羊)、ヤギと串が続く。初めて食べたヤギ肉は、少しクセはあるもののラムほどの臭みはなく、食べやすい。

ジンギスカンでおなじみのラム
ジンギスカンでおなじみのラム

ソーセージのターン。黒いソーセージはイノシシだ。香草がたっぷり入っているからだろうか、ぼたん鍋のような臭さは感じなかった。一方、ぐるぐるととぐろを巻いたソーセージは、何の肉だろうか。「中身は牛肉です。“ワイルドに長い”ソーセージです!」とスタッフ。「ちょっと休憩にいいでしょう(笑)」と、ホットドッグ用のパンを渡された。ジューシーなソーセージ、ホットドッグにすると間違いなくうまい。

イノシシ肉のソーセージ
イノシシ肉のソーセージ

続いて鉄板上に並べられたのはパティだ。ラム、カンガルー、ウマが登場した。バンズにはさめば“珍肉”ハンバーガーの完成。持ち込みのチーズもあわせてハンバーガーにしている人もいた。

パティはバンズにはさんでいただく
パティはバンズにはさんでいただく

~1時間経過~

そろそろ、見た目もひとくせある肉たちの出番だ。ワニのタンは、おそらく(スタッフ以外)全員が初めて食べただろう。一口ほどの大きさに刻んで、ニラ、もやしとともに、みそ味のタレで炒める。ところどころ独特な質感を持つ皮膚に当たるが、味は極めて淡白。見た目ほどのインパクトはなく、抵抗なく食べられる。

これがワニのタンだ!
これがワニのタンだ!

用意されていたコンロは2台。肉が焼きあがるたびに、総勢54人の参加者がぞろぞろと集まっていく。なかには一人で参加している人もいた。開始から2時間近く経ち、アルコールもほどよく回ったためか、かなり打ち解けてきているようだ。

真っ赤なダチョウ肉。コンロのまわりに人が集まる
真っ赤なダチョウ肉。コンロのまわりに人が集まる

いよいよ“メインディッシュ”が登場する。まずスタッフが取り出したのはウサギの丸焼き。鉄板にのせて焼き上げ、慣れた手つきで切り分けてくれる。現代の日本で食べる機会はあまりないウサギ肉だが、ささ身のような食感と味だった。

袋の中にはウサギが入っている
袋の中にはウサギが入っている

そして「ワニの爪」には全員が大興奮!あの爪がついた肉を、手羽のように焼いて食べるのだ。参加者はかぶりつくさまを写真におさめ、楽しそうだ。ちなみに肝心の味だが、鶏のもも肉に似ているものの、とても弾力が強く、食べ応えがあった。また爪の横ではフィレ肉も焼かれた。だが、爪のインパクトのせいかすっかり存在感が薄れてしまっていたようだ。

ああ、ワニだ
ああ、ワニだ

~2時間経過~

ウサギとワニの爪の騒ぎが続くなか、空いたコンロでは焼きそば作りが始まった。見た目はごく一般的な焼きそばに見えるものの、このイベントはワイルドBBQ。ワイルドにシカが混ぜられている。

入っている肉はシカ肉
入っている肉はシカ肉

それにしてもワニの爪人気は相当なものだ。肉をそいで残った骨の部分に、まだ人が集まっている。

~3時間経過~

気付けば3時間以上経ち、とうとう最後の肉。開催中、常に人々の視線を集め続けていた豚の丸焼きが焼きあがった。油を塗りながら焼き上げられた皮はこんがりと色づいている。希望者には皮を切り分けてくれた。

こんがり、パリッと
こんがり、パリッと

棒から外し、一旦鉄板の上へ。しっかりと火が通っていることを確認しつつ、華麗な手つきでスタッフが解体してくれる。10kgの豚、食べられない部分をのぞいても相当な量がある。食べきれないのではとも思ったが、後々のつまみになっていたようだ。

真剣な表情で豚を切り分ける
真剣な表情で豚を切り分ける

このあたりで中締め。逐一食べた肉と味をメモしていたものの、やはり最終的にはよく分からなくなってしまった。とにかくワニタン、ワニの爪のインパクトは忘れることがないだろう。

このワイルドなBBQは、7月11日、同20日、同26日にも予定されている。11日と20日の回にはわずかだが残席があるそうなので、気になる方はWebサイトから予約を。