夏といえば、やっぱり「そうめん」。暑い日にキンと冷えたつゆにつけて食べる、ツルリと喉ごしの良いそうめんは格別ですよね。

でも、いくらおいしいからといって、毎回同じ味付けで食べていたらさすがに飽きちゃうかも。最近はパスタ風やラーメン風にそうめんをアレンジできる商品も充実しているけれど、さらに“意外性”というスパイスも加えたい。そんなわけで今回えん食べ編集部では、スタッフの総力(2名)をあげて「めんつゆ以外でそうめんに合う、身近かつ意外な食材」を探してみました!

めんつゆとはちょっと距離を置いてみる
めんつゆとはちょっと距離を置いてみる

用意したのは、スープやレトルト食品、お惣菜、コーヒー、アイス、牛乳…などなど。しょっぱいものから甘いものまで、スーパーでピンときたものを片っ端から買い揃えてみました。

そんな中、とりわけ「これはみなさんに発表しても恥じない」とスタッフが判断した“そうめんアレンジ”トップ3を以下、ご紹介します!

■3位:コーンスープ

パッケージデザインがおいしそうで、思わず手に取ってしまった冷たいコーンスープ「じっくりコトコト シャキシャキコーンの冷たいポタージュ」。これだけでちょっと飲んでみたのですが、コーンスープって冷たくてもおいしいんですね。びっくりしました。

でも今回はそうめんを引き立ててもらうよ…
でも今回はそうめんを引き立ててもらうよ…

ずるっとすすると、ぷりっとしたそうめんにしゃきしゃきのコーン粒がアクセントになって、何とも斬新な食感。とろみのあるポタージュスープがもったりと麺に絡みつき、濃厚な甘みとほのかなしょっぱさが口の中に広がります。かといってそうめんはスープに迎合しすぎることもなく、それ自体の味もしっかり保たれています。

スープも飲み干せる喜び
スープも飲み干せる喜び

■2位:カレー

先日発売されたばかりの新作ボンカレー「太陽のキーマカレー」。大塚食品が公式に提案していることもあり、ネットやテレビで話題沸騰中の“カレーそうめん”をやってみることにしました。

冷たいカレーにそうめんをつける…あまり(ていうかまったく)なじみのない食べ方だけど、実際合うのかしら?まずは電子レンジにかけず、そのままそうめんをどぷっとつけて食べてみます。

話題の“カレーそうめん”にトライ
話題の“カレーそうめん”にトライ

冷たいままのルウは、ぎゅっと凝縮された濃厚さ。温めて溶かしていないため固体感が強く、なかなか麺に絡まないので、お箸やフォークでごそっとすくってほお張ります。

すると、ありとあらゆるスパイスの香りが口の中へ一気に押し寄せてきました!ピリッと辛いんだけど、冷やされているためキレが良い。ひき肉が麺にしっかりとまとわりつくうえ、じゃがいもがゴロゴロ入っていて、食べごたえも文句なしです!

キリッと冷えて、ピリッと辛い!
キリッと冷えて、ピリッと辛い!

おいしい。確かにおいしいんだけど、やっぱりカレーはグツグツで食べたい…という思いも捨てきれず、残りはチンしてみることに。

温めて液体化したルウにそうめんをくぐらせ、ズズッと吸い込むと、熱されたことでさらに高みへと昇りつめたスパイスの香りと複雑な辛みが力強く襲い掛かってきました!冷やして食べたときよりも、辛さが口の中に長く残ります。

粉チーズをかけてもおいしいよ
粉チーズをかけてもおいしいよ

冷そうめん×冷カレーでキレの良い辛さを楽しむか、冷そうめん×温カレーで後引く辛さを楽しむかは、ぜひお好みで。

■1位:ポテサラ

編集部が選ぶそうめんアレンジ、今回堂々の優勝に輝いたのは「ポテサラ」です!

何だかんだでみんな大好き「ポテサラ」
何だかんだでみんな大好き「ポテサラ」

フライドポテトをそばにトッピングした「ポテそば」が話題になったのは記憶に新しいところ。ポテそばがあるなら、ポテサラそうめんだってあっていいだろ!ということで、スーパーのお惣菜コーナーでポテサラを調達。これをめんつゆに入れてまぜまぜしてみたところ、思いもよらないおいしさに出会うこととあいなったのです…!

ポテサラのポテンシャルを改めて思い知らされた
ポテサラのポテンシャルを改めて思い知らされた

食べ方はシンプル。いつものめんつゆに、ポテサラを好きなだけ投入するだけです。ポテサラがつゆに全部溶けてしまう前にそうめんを入れて、絡めながら食べるのがポイント。

つゆのしょっぱさがマヨネーズのおかげでマイルドになり、さらにコクも出て、ちょっぴりリッチな味にランクアップ。そうめんのほのかな塩気と小麦のうまみに、ポテサラのまろやかさが絡みつく絶妙のコラボ…そして逆に、まだ溶け切らずに形をとどめたポテサラは、めんつゆを吸い込んでダシの効いたおいしさに変化しました!ねぎなどの薬味をのせてもまたよし。

ホクホクじゃがいもの食感で、食べごたえも増し増しに
ホクホクじゃがいもの食感で、食べごたえも増し増しに

■番外編:惜しくもランク外、でも「アリ」な食材たち

以前えん食べで、麺つゆにオリーブオイルを加えて“つけ麺風”にそばを食べるとウマいとご紹介しましたが、そうめんでも同じことがいえました。

オリーブオイルをちょろりと垂らして…
オリーブオイルをちょろりと垂らして…

めんつゆに少々のオリーブオイルを垂らし、麺をつけて食べると、塩気にまろやかさが加わって洋風の味わいに。ここに粉チーズをかけて食べてもまた美味。しょっぱさに隠れがちなつゆの甘みをチーズが引き立て、より奥行きのある味わいに変わります。

粉チーズのシャリっとした食感が残るのはご愛嬌
粉チーズのシャリっとした食感が残るのはご愛嬌

スイーツ系のラインナップからは、バニラアイス×そうめんや、あずき×そうめんの相性が悪くないことも判明。そうめんがモチ的な役割を果たし、バニラアイスを絡めて食べると、濃厚なアイスがそうめんを包み込んでモチモチとした雪見だ●ふくのような味わい&食感が楽しめます。また、あずき(今回は粒あんを使用)を絡めて食べると、程よく塩気の効いたあん団子や、ちょっとしたぜんざいを食べているような気分に。

ただし好みは分かれそうなので、いずれもランク外としました。

ちょっとした和菓子みたいでしょ
ちょっとした和菓子みたいでしょ

今回そうめんをアレンジするのに、(残すともったいないので)それなりに厳選した食材を用意したのは事実。…が、それにしても驚くほど、そうめんとガチで喧嘩する食材というのはありませんでした。どんなものとも、それなりにうまくやれるそうめん。おそるべき社交性です。

ならば編集部が試したもの以外にも、そうめんと合う意外な食材はこの世にたくさん存在しているはず。みなさんもぜひ、手軽にそうめんを七変化させてくれる“魔法の食材”を見つけてみてくださいね!