“アフタヌーンティー”と聞くと、ケーキスタンドにのせられたプチスイーツをつまみながら、優雅にティーを楽しむイメージ。ですが、パレスホテル東京で提供されている「夏のアフタヌーンティー」は、ちょっとユニーク。なんとも珍しい“重箱”入りなのです。

重箱に入ったアフタヌーンティーだって?
重箱に入ったアフタヌーンティーだって?

ホテル1階にあるロビーラウンジ「ザ パレス ラウンジ」で夏のあいだ提供されている夏のアフタヌーンティーは、11品のメニューをオリジナルの3段重に入れて提供するもの。20種類以上のティーや、5種類のコーヒーセレクションの“飲み放題”が付いてきます。

ここから1段ずつ出してくれる
ここから1段ずつ出してくれる

重箱入りってことは、お料理も和テイストなのかな?と思いきや、お寿司の隣にハンバーガーが何食わぬ顔で鎮座していたり、ねりきりとスコーンが仲良く相席していたりと、その顔ぶれもなかなかにユニーク。

というわけで、以下、気になるメニューの全容をご紹介!合わせて飲みたいオススメのドリンクもぜひご参考ください。

●お食事系の「上の段」

ラインナップは、枝豆の冷製スープ、キッシュ、鰻と胡瓜の手毬寿司、そしてミニハンバーガー。

しょっぱい系のラインナップ
しょっぱい系のラインナップ

枝豆のスープはひんやりと冷たく、まろやかな甘みとともに口の中を潤してくれます。程よい塩気も効いて、濃厚ながらもくどさがありません。

甘×塩のバランスが絶妙!濃厚だけどサラッと飲めます
甘×塩のバランスが絶妙!濃厚だけどサラッと飲めます

キッシュは一口サイズですが、枝豆、小松菜、玉ねぎ、ベーコン、グリュイエールチーズを合わせた本格的な仕上がり。素材ひとつひとつの味がしっかり感じられる中、ベーコンのうまみがひときわ突出して味覚に訴えかけてきます。

小さいのに立派においしい!
小さいのに立派においしい!

ミニハンバーガーは、小ぶりながらも厚みのあるパティにチーズ、トマト、ピクルスを重ねて、香ばしいバンズでサンドしたもの。パティはお肉がぎゅっと詰まった質感で、こんなに可愛らしい見た目なのに、食べると口の中を肉のおいしさでいっぱいにしてくれます。カサがあるので意外に食べごたえもあり。これ、編集部のイチオシです!

山椒は小粒でもぴりりと辛いぜ!  (※ハンバーガーに山椒は入ってません)
山椒は小粒でもぴりりと辛いぜ!
(※ハンバーガーに山椒は入ってません)

この段に詰め合わされているのは食事系のメニューなので、モカルバリエやイングリッシュブレックファストといったクラシカルティーや、日本茶、中国茶などが合いそうです。

写真はほのかに金木犀が香る「桂花茶」
写真はほのかに金木犀が香る「桂花茶」

●スイーツ満載「中の段」

入っているのは、パイナップルのスコーン、それに付けるクロテッドクリームとイチゴジャム、マカロン、マンゴエクレア、そして“びわ”をかたどった和菓子。

しっかり食べる甘いものたち
しっかり食べる甘いものたち

スコーンはさっくりと焼き上げられていながらも、噛むとしっとりとした食感が迎えてくれます。中には小さく刻んだパイナップルの果肉がたっぷり散りばめられていて、ときどき感じるモチッとした歯ごたえが嬉しいアクセント。お好みでクロテッドクリームやイチゴジャムを付けてほお張れば、味の変化も楽しめます。

スコーンとパイナップルって合うんだね!
スコーンとパイナップルって合うんだね!

マカロンは、ショコラとレモンの2フレーバーのいずれかが提供されます。生地はさっくりしっとりしていて、歯にまとわりつかないキレのよさ。中のフィリングも甘すぎないのが好印象です。

写真はレモンフレーバー
写真はレモンフレーバー

マンゴエクレアは、サクサクと歯ごたえの良い生地の中にぎっちりとクリームが入った贅沢な一品。ふた口ほどでペロリと食べ終えてしまうプチサイズですが、濃厚なマンゴーの存在感がしばらく後を引きます。

真ん中がちょこっとくびれた形も愛おしい
真ん中がちょこっとくびれた形も愛おしい

この段にはスイーツ系のメニューが詰め合わされているので、ティーはもちろん、コーヒーとの相性も(言わずもがな)抜群。全体的に甘すぎないので、カカオの香りの「アイリッシュモルト」やハイビスカスの香りの「ホルシュタイナーグリュッツェ」といったアロマティー、すっきりとしたハーブティー、さらにはラテなどミルクを合わせたコーヒーとも合います。

写真はカカオの香りの「アイリッシュモルト」
写真はカカオの香りの「アイリッシュモルト」

●フルーツでお口さっぱり「下の段」

入っているのは、桃のムースとライチのゼリー、季節のフルーツ(イチゴ、キウイ、パイナップル)、ナタデココ、ケークオランジュ、オリジナルショコラ2種(オランジェ、ホワイトチョコ)。

途中、お口のリフレッシュにつまんでもよし
途中、お口のリフレッシュにつまんでもよし

ケークオランジュは、オレンジピールがたっぷり合わされたパウンドケーキ。口に含むと、爽やかな柑橘の香りがふわっと広がります。

ぱふっとやさしい口あたり  上にのっているのは2種のショコラ
ぱふっとやさしい口あたり
上にのっているのは2種のショコラ

フルーツを使ったメニューが並ぶ段なので、果実の風味を消してしまわないよう、くせのないクラシカルティーなど香りの強すぎない飲みものと合わせるのがオススメです。または、ショコラの濃厚さに負けないコーヒーや、心地よい渋みと苦みをもつ「柚子抹茶」で、最後に甘くなった口の中をすっきりと流すのもよいかと。

香りの良いスペシャルティーコーヒー
香りの良いスペシャルティーコーヒー

――以上が夏のアフタヌーンティーの全容でした。食事と一緒にティーやコーヒーを自由に飲みかえながら、さまざまな味の組み合わせが楽しめるのもうれしいですね。手と口を交互に動かしながら、何時間でもおしゃべりに花が咲きそう!

20種以上のティーは、色も香りも味もさまざま!
20種以上のティーは、色も香りも味もさまざま!

なお、“アフタヌーンティー”といえど、食べ終えるころにはシッカリ満腹になるボリュームがあるので、午後のおやつというよりはランチを食べるつもりで胃袋を仕上げておくことをオススメします。

価格は3,900円、グラスシャンパン付で5,600円(いずれも税込・サービス料別)。販売期間は8月31日まで。提供時間は13時~16時30分、土日祝日は14時からの提供です。