雪印メグミルクから、北海道のロングセラー乳酸菌飲料「ソフトカツゲン」の期間限定フレーバー「シークヮーサーカツゲン」が、6月30日に北海道限定で発売される。価格は137円(税別)。

期間限定で南国の味わいが登場
期間限定で南国の味わいが登場

「ソフトカツゲン」は、昭和13年に「活素(かつもと)」という名前で初めて発売されて以来、長きにわたり北海道の人たちから愛されてきた乳酸菌飲料。

今回発売される商品は、“シークヮーサー風味”のソフトカツゲン。甘みと酸味のバランスのとれたさわやかなフレーバーで、凍らせるとシャーベットのような味わいが楽しめるとのこと。

パッケージデザインは南国をイメージし、シークヮーサー果肉の色である黄色をベースに、ハイビスカスの花や夏の青空が描かれている。