ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)各店で、国内産の若鶏を使った辛口チキンメニュー「レッドホットチキン」と「辛口チキンカツサンド」が6月25日に発売される。

レッドホットチキンは、レッドペッパーとホワイトペッパーにハバネロを効かせたキレのある辛さと、国内産若鶏のうまみを存分に味わえる辛口チキン。刺激的な辛さが、暑い夏の食欲をそそるとか。価格は1ピース260円(税込、以下同じ)。

辛そう!ビールに合いそう!!
辛そう!ビールに合いそう!!

一方、辛口チキンカツサンドは、国内産チキンを厚くカットしたチキンカツを、シャキッとしたレタスと特製マヨソースとともに、もっちりとした食感の専用バンズで挟んだもの。チキンカツは、ニンニクの風味とうまみを効かせた辛口の唐辛子ソースに丸ごとつけて仕上げられているそう。価格は390円。

暑くて食欲のない日でもいけちゃうんだろうな…
暑くて食欲のない日でもいけちゃうんだろうな…

いずれも“非常に辛いメニュー”のため、「お子様や辛いものが苦手な方は十分ご注意ください」とのこと。

また、同日よりスイーツメニュー「くちどけフローズン<ヨーグルト風味>」もあわせて販売される。フレーバーは「プレーン」と「いちご」の2種、価格は各200円。

ひんやりとしたヨーグルト風味で後味もさっぱりしているので、辛口チキンメニューを食べたあとのデザートにぴったりだとか。

プレーン(左)といちご(右)
プレーン(左)といちご(右)