セブン&アイ・ホールディングスから、ロッテアイスと共同開発した新商品「セブンゴールド 金のバニラアイス」と「同 金の抹茶アイス」が5月19日に発売された。取扱い店舗は、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマル、シェルガーデン、そごう・西武の各店。価格は各267円(税込)。

金のバニラアイス(左) 金の抹茶アイス(右)
金のバニラアイス(左) 金の抹茶アイス(右)

「セブンゴールド 金のバニラアイス」は、“ワンランク上の贅沢な味わい”が楽しめるプライベートブランド『セブンゴールド』初となるカップタイプのアイスクリーム。

金のバニラアイスは、北海道産の乳原料に加え、マダガスカル産のバニラビーンズやコクのある卵を使い、クリーミーで濃厚な味わいに仕上げられたバニラアイス。上品な甘さの三温糖などを合わせることで、バニラの優しい味わいが引き立てられているとか。

一方、金の抹茶アイスは、北海道産の乳原料と、京都・宇治「丸久小山園」の厳選された抹茶を使った抹茶アイス。旨みの強い一番茶と、程よい渋みの二番茶を合わせることで、深みのある味わいに仕上げられているそう。隠し味に濃厚な黒糖蜜などを加え、抹茶の風味がさらに引き立てられているとのこと。