台湾カフェ・春水堂(チュンスイタン)六本木店で、「ジャスミンティー」や台湾烏龍茶「鉄観音」といったお茶をベースに、ビールやリキュールをブレンドした『お茶カクテル』全6種が5月14日に発売される。

お茶がベースの新感覚『お茶カクテル』が誕生!
お茶がベースの新感覚『お茶カクテル』が誕生!

初夏にぴったりの爽やかな味わいが楽しめるのは、お茶のベースにビールを合わせた『Beer Cocktail(ビア・カクテル)』シリーズ。後味にジャスミンが香る「ジャスミンガフ」、香ばしく芳醇で濃厚な味わいの「鉄観音ガフ」、フルーティーな喉ごしとコクが楽しめる「ライチティーガフ」の3種類で、価格は各630円。

お茶とビールの組み合わせって斬新!
お茶とビールの組み合わせって斬新!

また、リキュールを合わせた『Sparkling Cocktail(スパークリング・カクテル)』シリーズからは、ジンベースにジャスミンの香りが華やかな「ジャスミンブロッサム」、カシスリキュールの酸味と鉄観音の深みがマッチした「鉄観音スリング」、ウォッカベースにライチがフルーティーに香る「ライチティーフィズ」の3種類が登場。価格は各680円。

涼しげな見た目は、飲む前からおいしい!
涼しげな見た目は、飲む前からおいしい!

このほか、フードメニュー「台湾タパス(小皿料理)」もあわせて販売される。パクチー水餃子、ピリ辛トマトバンバンジー、冷製トマトジャスミンシロップがけなど、お茶カクテルと一緒に楽しめる全9種の料理がラインナップ。

お茶カクテルと台湾タパスは六本木限定メニュー「春水堂イブニング」として、平日17時から、土日祝日15時から提供されるとのこと。

あわせて新発売となる台湾タパス
あわせて新発売となる台湾タパス

※表記価格はすべて税込