東京ディズニーランドホテル(千葉・舞浜)で、“目隠し”をしてコース料理を楽しむプログラム「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」が今年も開催される。開催日は、8月10~28日のうちの14日間。今回のテーマは、ディズニー映画「リトル・マーメイド」だ。

味覚や嗅覚を使って「リトル・マーメイド」を体感!
味覚や嗅覚を使って「リトル・マーメイド」を体感!

このプログラムは、「魔法のアイマスク」で目隠しをしたまま、味覚、嗅覚、触覚、聴覚を研ぎ澄まし、イマジネーションを働かせながら食事を楽しむというもの。過去には「美女と野獣」や「アラジン」をテーマに開催され、いずれも好評を得ていた。

プログラムの案内役を務めるのは、おなじみの“マジカルシェフ”。不思議な「魔法の力」で、ゲストを「リトル・マーメイド」の世界へといざなう。また、物語の主人公“アリエル”をはじめ、“エリック王子”や“セバスチャン”、“フランダー”などのキャラクターたちがパーティーを盛り上げ、ゲストはカリブの陽気なリズムや、“アリエル”と“エリック王子”のロマンスを感じながら料理を味わうことができるそうだ。

案内役の“マジカルシェフ”とともに、イマジネーションの世界へ
案内役の“マジカルシェフ”とともに、イマジネーションの世界へ

会場は、千葉県浦安市舞浜29-1 東京ディズニーランドホテル 宴会場「シンデレラドリーム」。定員は各回108名。チケットはローソンチケット(インターネットまたはローソン・ミニストップ店頭「Loppi」)にて、6月26日10時より販売される。価格は1名1万3,000円、学生限定回は1名1万2,000円。

なお、詳しい開催日時については公式サイトを参照のこと。