兵庫県・芦屋発の洋菓子ブランド『アンリ・シャルパンティエ』のカフェ旗艦店として、「GINZA Maison HENRI CHARPENTIER(銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ)」(以下銀座アンリ)が4月10日にオープンします。アンリといえば、百貨店などで販売されているフィナンシェやケーキが有名。また兵庫と都内にある喫茶併設店では、「クレープ・シュゼット」をはじめとする“本格デセール(デザートのこと)”が名物となっています。

今回リニューアルオープンする銀座アンリには、デセールとお酒のマリアージュを楽しめる BAR が初めて登場します。アンリのスイーツとお酒が合わないはずがない!アンリのスイーツの大ファンだった筆者、生まれ変わった銀座アンリをひとあし先に体験してきました。

“青い炎”のデセールは必食!銀座アンリに潜入
“青い炎”のデセールは必食!銀座アンリに潜入

銀座アンリは、大きく分けて3つのエリアで構成されています。入り口のすぐ左手にある「BAR Maison(バーメゾン)」、その奥の「Boutique(ブティック)」、地下の「SALON DE THE(サロン・ド・テ)」です。さらに、各階に1つずつ特別室(個室)もあり、記念日やプロポーズなど特別な日の演出も手伝ってもらえるのだとか。

◆お酒とスイーツのマリアージュを堪能

通りに面した「バーメゾン」は、デセールとアルコールを楽しめる、大人のための“スイーツバー”。リキュールをたっぷり使った極上のデセールと、ウイスキーを中心とするアルコールメニューが用意されています。

目玉メニューは、カクテルのレシピをアレンジしたという“食べるカクテル”「カクテル・サバラン」5種(1,800円)です。自家製ブリオッシュにフルーツを添え、リキュールでフランベして提供されます。

この日は、トロピカルなカクテルをモチーフとした「マイタイ」を試食。プレートにはパッションフルーツのジャムとオレンジ、パイナップルがトッピングされています。ここに温めたリキュールを落として、香り付け。つつーっと立ち上る青い炎は圧巻です。お酒の香りと、しっかり染み込んだシロップの味を楽しみながら召し上がれ。

フランベのパフォーマンスは必見
フランベのパフォーマンスは必見

個人的に感動したのは「マカロン サレ」でした。中にはラムレーズンのようなものが入っていて、お酒の香りが濃厚。また生地に練りこまれた黒コショウの刺激がピリリとアクセントになり、ワインやシャンパンのおともにピッタリの味わいです。メニューには記載されていなかったので、お通しのような一品でしょうか。

このマカロン、もう1回食べたい…!
このマカロン、もう1回食べたい…!

お酒のラインナップはウイスキーが中心。スコッチ、アイリッシュ、ジャパニーズ…たくさんのボトルが並んでいます。好きなお酒にあわせてデセールを選ぶのもよさそう。迷ったらスタッフに相談してみて。ちなみに、お酒が飲めなくても大丈夫。サイフォンコーヒーもいただけます。

ウイスキーには、チョコのデセールをあわせたい
ウイスキーには、チョコのデセールをあわせたい

営業時間は13時から23時まで。ほかのエリアが閉店したあとは、“バーに生まれ変わる”のだとか。夜の銀座を眺めながらゆったりとしたひとときを過ごす…なんて贅沢な時間でしょう。

◆名物“青い炎”は必見

続いては、地下1階にあるカフェスペース「サロン・ド・テ」へ。ここでは、看板メニューの「クレープ・シュゼット」(1,600円)や、チョコのドームを炎が包む「ドーム・ノワール」(2,200円)、銀座アンリオリジナルで提供される「フランボワーズ・ローズ」(1,700円)といったデセールや、軽食、ケーキなどを楽しめます。メニューの半分は銀座アンリ限定だそうです。

ワゴンサービスにより、目の前で仕上げられるクレープ・シュゼットやドーム・ノワールの青い炎はムーディな空間によく映えます。歓声があがることうけあい!ちなみに、クレープ・シュゼットはバーメゾンでも楽しめますよ。

クレープから立ち上る青い炎が美しい
クレープから立ち上る青い炎が美しい

 

フランベしたら、アツアツを取り分けてくれます
フランベしたら、アツアツを取り分けてくれます

◆ブティックでは「限定パイ」をチェック!

1階に戻ってブティックへ。ここでは焼き菓子やケーキなどを購入できます。

アンリといえばフィナンシェ
アンリといえばフィナンシェ

ぜひ食べてみて欲しいのは、銀座アンリ限定の「銀座はちみつパイ」(8枚入り1,620円~)。“銀座で採れたハチミツ”を100%使った、銀座ならではの商品です。1枚あたり200円?高いじゃないか…と思っていたものの、サイズは手の平の半分ほどと、想像以上に大きくて満足感たっぷり。季節によって変わるハチミツの味わいも楽しみのひとつです。さらに、ブティックの奥にはガラス張りのフロアがあり、このパイを作っているところを見学できます。

手土産に、“銀座らしい”パイはいかが?
手土産に、“銀座らしい”パイはいかが?


こうして1枚ずつ手作りされているんです
こうして1枚ずつ手作りされているんです

「銀座メゾン」として生まれ変わった銀座アンリ。デートの締めくくりに、特別な日のお祝いに、自分へのご褒美に。上質な空間でいただく極上のお菓子と極上のおもてなしが、あなたを迎えてくれるはずです。

夜に訪れると、より“大人”な雰囲気に…
夜に訪れると、より“大人”な雰囲気に…

 
店舗所在地は、東京都中央区銀座2-8-20 ヨネイビル1階・地下1階。サロン・ド・テとブティックの営業時間は、11時~20時。バーメゾンの営業時間は13時~23時。

※表記価格は税別