Audi(アウディ)の最高級サルーン Audi A8 に、日本特別仕様車「Audi A8 5.5」が追加された。細かく炊き加減を指定できる炊飯器が搭載されている。

“最高のご飯”のために技術を結集した、Audi A8 5.5  (出典:Audi Japan)
“最高のご飯”のために技術を結集した、Audi A8 5.5
(出典:Audi Japan)

Audi A8 5.5は、“最高のご(5)はん(0.5)=ご飯”のために、世界最高峰のテクノロジーで究極の快適性を追求したというモデル。

後部座席のコンソールボックスに炊飯器が設置されている。羽釜の内部に激しい熱対流を起こすことで、芯からふっくらと、おいしいご飯を炊き上げられるそう。また操作はタッチ式メニューパネルで行なう。出力コントロールにより、好みにあわせた細かな炊き加減を選択できるとのこと。

さらに、座席には「イ草」の畳シートが使われている。高温多湿な日本の気候に最適なうえ、日が経つにつれて鮮やかな黄金色へと移ろいゆく様も楽しめるそうだ。

なお、Audi 正規ディーラーで同モデルについて問い合わせると、先着で特製しゃもじがプレゼントされる。4月1日限定。(こちらは本当に実施されます!)

※本稿は、アウディがエイプリルフールに公開したジョークを記事にまとめたものです。特設サイトを見ると、炊飯器から湯気が立ちのぼっていて、とってもおいしそうでした。