4月1日。今年も「エイプリルフール」の日がやって来ました。日本でも毎年、1日限定の企画や、オモシロ商品の発表など、全力で仕込まれた“うそネタ”が登場します。

通常は1日限りとなるネタが多いなか、昨年は嬉しいニュースもありました。エイプリルフールの“うそ”から生まれたポテトチップス「わさび抜きわさビーフ」が実際に製品化され、発売されたのです。「これは」と思ったネタがあれば、全力で応援すると実現するかも!

それでは、今年の食べ物に関する“うそネタ”をお楽しみ下さい!

1.世界初、瞬間冷却アイスバス「浴爽」誕生--ココロとカラダをクールにリフレッシュ!

世界初の瞬間冷却アイスバス「浴爽」が、10年間の構想を経てロッテアイスから登場。毎日つかれば、大好きな「爽」の香りをまとえるかも。

あま~い香りをまとえば、気になるあのコとお近づきになれるかも?
あま~い香りをまとえば、気になるあのコとお近づきになれるかも?

音速の極寒気流を発生させることでアイスと微細氷を瞬間冷却する ZERO STREAM(ゼロストリーム)や、微細氷を時速150km で噴出させる ICE BAZOOKA(アイスバズーカ)などの機能が搭載されている。さらに、浴爽内の爽を食べるためのスプーン専用ボックス SPOON PIT も設置されおり、お腹が空いたらいつでも爽をつついて食べられるとのこと。

フレーバーは、「バニラ」「抹茶」の2種。容量は190L、価格は410万円(税込)。

2.レッドブルが目薬を開発!? 「カフンサヨナーラ」が花粉を成層圏までふき飛ばす!

花粉症対策に使用できる点眼液「Red Bull Guard(レッドブル・ガード)」が登場する。レッドブル・ジャパンが“日本の花粉に宣戦布告”するとして発表した。

花粉にも、翼をさずける
花粉にも、翼をさずける

同社が独自に開発した「カフンサヨナーラ」が配合されている。一滴で目についた花粉を成層圏までシャキッと飛ばし、ココロとカラダを目覚めさせるそう。コンタクト使用者向けの「Red Bull Guard Contact(レッドブル・ガード・コンタクト)」も用意されている。

なお、指定ハッシュタグ「#レッドブルが花粉に宣戦布告」を使ってレッドブル・ガードの使用感をツイートした人の中から抽選で5名に、レッドブル特製花粉対策グッズがプレゼントされるとのこと。(こちらは本当に実施されます!)

3.ワサビが香る「バランエール」登場--弁当のアレをクラフトビールに!?

“日本素材”を使ったクラフトビール第3弾商品として、「バランエール」がサンクトガーレンから登場した。

ワサビの香りがアクセント!
ワサビの香りがアクセント!

バランは主に弁当の仕切りとして使われるもの。練りこまれたワサビ成分が鮮度保持にも役立つそう。(すべてのバランにワサビ成分が含まれているわけではありません。)同商品では、ビールにもそのワサビ成分を抽出。わずかにツーンとした刺激がアクセントの“辛口”ビールに仕上がっているとのこと。

なお、“バランは使っていないが本物のワサビを使った”バランエールが、4月1日限定でオンラインショップにて販売される。3,000本限定。(こちらは本当に販売されます!)

4.【欲しい】キリンが「ビールジョッキデバイス」を発表--すべてはビールのために!

世界初の未来型ビールジョッキデバイス「Beerable Mug(ビアラブル・マグ)」が、キリンビールから発表された。

これ欲しい。本当に欲しい。  (出典:キリンビール特設サイト)
これ欲しい。本当に欲しい。
(出典:キリンビール特設サイト)

「Beer Management System(ビールマネジメントシステム)」が、ビールの適温を知らせてくれたり、専用アプリと連携して飲酒量やペース配分などを記録してくれたりと、快適なビール・ライフをサポートしてくれる。さらに、ワンタッチで泡を再生する「リ・バブル機能」も備わっている。

2015年夏、プレゼント賞品用に生産が開始される予定。

5.1枚10万円!? 和洋融合の“最高級”ピッツァ「饅頭ピッツァ」登場

“最高級”素材を使ったピッツァ「饅頭ピッツァ」が、Napoli's PIZZA&CAFFE の一部店舗で発売された。4月1日限定、価格は10万円(税別)。

“最高級”の素材をふんだんに使用
“最高級”の素材をふんだんに使用

最高級のあんこがたっぷりつまった饅頭10個と、最高級の黒みつ、最高級の生クリームを使って仕上げられている。“和菓子と洋食の融合”を実現させるべく、考案されたそうだ。

6.みなさん「パインアメ」って思ってました?ずーっと前から「パイソアメ」ですよ

「パインアメ」を販売するパインは、公式 Twitter アカウント(@pain_ame)で、実は「パインアメ」ではなく「パイソアメ」だったと発表した。

実は「パイソアメ」だったんです  (出典:公式 Twitter アカウント)
実は「パイソアメ」だったんです
(出典:公式 Twitter アカウント)

この発表に連動して、Twitter のカバー写真とアイコンのロゴが「パイソアメ」に一時的に変更された。なお、同アカウントによると、「パイリ」じゃないのかという意見があったそうだが、「『リ』には別フォントを使用しておりますので、これがパイソです」とのこと。

7.これ何人分!?直径30cm の「超特大ドーナツ」、ファミリーマートから

ファミリーマート各店で、直径30cm の「超特大ドーナツ」が発売された。価格は555円。

一人で食べる?みんなで食べる?
一人で食べる?みんなで食べる?

公開された画像によると、「オールドファッションドーナツ(チョコ)」の巨大版。直径30cm は、ケーキだと10号サイズ(およそ20~30人分)に相当する。公式 Twitter アカウント(@famima_now)は、「1人でかぶりついてもヨシ!みんなで切ってシェアしても楽しいですね♪」と紹介している。

8.クルマにおける究極の美食とは--炊飯器を搭載した日本特別仕様車、アウディから

Audi(アウディ)の最高級サルーン Audi A8 に、日本特別仕様車「Audi A8 5.5」が追加された。

おいしく炊ける炊飯器、のせちゃいました!
おいしく炊ける炊飯器、のせちゃいました!

Audi A8 5.5は、“最高のご(5)はん(0.5)=ご飯”のために、世界最高峰のテクノロジーで究極の快適性を追求したというモデル。後部座席のコンソールボックスには炊飯器が設置されている。羽釜の内部に激しい熱対流を起こすことで、芯からふっくらと、おいしいご飯を炊き上げられるそう。また、出力コントロールによって、好みにあわせた細かな炊き加減を選択できるとのこと。

9.道頓堀名物「グリコサイン」は人力で点灯していた--ランニングマシンを駆使!

江崎グリコから、「道頓堀グリコサインは人力で点灯していた」とする動画が公開された。

動画の1シーン。彼らは点灯時間中、走り続けるのだろうか
動画の1シーン。彼らは点灯時間中、走り続けるのだろうか

グリコのネオンサインが初めて登場したのは、1935年(昭和10年)。高さ33m のネオン塔だった。その後何度かの建てかえを経て、2014年10月からは、LED を使用した6代目が活躍している。

動画では、赤い衣服を身につけた男性が、ランニングマシンを動かしている。隣に立てられたパネルの数字が「20」に達すると同時に、グリコサインが点灯した。動画は「世界一、環境に優しい看板?」との言葉で締めくくられている。LED になって、従来よりも消費電力が減ったぶん、彼らの労働時間も短くなったのだろうか。

10.今年は全部抜いちゃいました!? 中身&カロリーゼロ「全部抜きわさビーフ」誕生

「わさビーフ」の山芳製菓から、新商品「全部抜きわさビーフ」が発表された。

わさびもビーフも、ポテトまで抜いちゃった!?  (出典:公式 Twitter アカウント)
わさびもビーフも、ポテトまで抜いちゃった!?
(出典:公式 Twitter アカウント)

わさびもビーフもポテトも抜いてしまったというポテトチップス。袋の重さのみなので、空気のような軽さを実現できたという。また「AIR ONLY 味」ということで、中身はゼロ。もちろん、カロリーもゼロに仕上がっているとのこと。

昨年、実際に商品化された「わさび抜きわさビーフ」のナナメ上をいく新商品、今後の展開が気になるところだ。


以上、食べ物&飲み物のエイプリルフールネタまとめ2015年版でした。心に残ったネタはありましたか?筆者個人的には、キリンの「ビアラブル・マグ」やアウディの“炊飯器カー”を製品化してくれたら…と(割と真剣に)思っているのですが、みなさんはいかがでしょうか。

どんなネタが飛び出すのか、来年のエイプリルフールも楽しみです!