ドイツの春祭りを再現した「Yokohama Fruhlings Fest(ヨコハマ フリューリングス フェスト)2015」が、4月24日~5月6日の13日間、横浜赤レンガ倉庫(神奈川県横浜市)で開催される。

横浜港の姉妹港・ハンブルク港の名物料理「ハンブルガー・パンフィッシュ」
横浜港の姉妹港・ハンブルク港の名物料理「ハンブルガー・パンフィッシュ」

ヨコハマ フリューリングス フェストは、ドイツで春の訪れを祝うお祭り“フリューリングス フェスト”を再現した、ゴールデンウィーク恒例のイベント。3回目となる今回は、過去最大の広さで開催されるとか。

種類豊富なビールがラインナップ!(写真は昨年の様子)
種類豊富なビールがラインナップ!(写真は昨年の様子)

会場は「フード・ドリンクエリア」「アトラクションエリア」「グッズ&カルチャーエリア」の3構成。

フード・ドリンクエリアには、全170種以上のメニューがラインナップ。日本初上陸となるドイツビール「ライカイム ヘルヴァイス」や、神奈川県の“クラフトビール”など80種以上のビールが販売されるほか、横浜港の姉妹港・ハンブルク港の名物料理も初登場。サケとタラをマスタードソースで煮込んだ「ハンブルガー・パンフィッシュ」や、コンミートとマッシュポテト、ビーツを練り合わせて目玉焼きをのせた「ラプスカウス」などが提供される。

また、ドイツの菓子パンやソーセージに加え、ドイツで“春の訪れを告げる野菜”とされるホワイトアスパラを使ったメニューも用意されるとのこと。

ドイツビールとドイツの料理で、乾杯
ドイツビールとドイツの料理で、乾杯

アトラクションエリアでは、ノスタルジックな「D51 機関車」をデフォルメしたロードトレインが赤レンガパークを走行するほか、最大7m のジャンプを体験できるトランポリンや、透明な球体に入って特設プール内を動き回れるバブルボールなど、多数のアトラクションが設置されるそうだ。

子どもから大人まで楽しめるアトラクションが満載  (写真は昨年の様子)
子どもから大人まで楽しめるアトラクションが満載
(写真は昨年の様子)

イベント開催地は、神奈川県横浜市中区新港1-1-1 横浜赤レンガ倉庫 イベント広場 赤レンガパーク。開催時間は11時~21時30分(アトラクション・グッズ&カルチャーエリアは11時~18時)。入場は無料、飲食代とアトラクション代が別途必要。