スターバックスコーヒーから、“meal sandwich”をコンセプトとする新作サンドイッチ5種が登場。4月15日より各店で販売される。

コーヒーと一緒に味わいたい、アメリカンスタイルのサンドイッチ
コーヒーと一緒に味わいたい、アメリカンスタイルのサンドイッチ

今回発売されるのは、こだわりの具材をたっぷりと詰め込んだ“アメリカンスタイル”のサンドイッチ5種。いずれも、野菜など具材そのものの味わいが存分に楽しめる仕上がりとなっているそう。パンは「大麦ブレッド」と「全粒粉ブレッド」の2種類が、それぞれ具材との相性や彩りを考慮して組み合わされているとか。

新メニュー5種は以下のとおり。

●クラブハウスサンドイッチ(550円)

トーストした3枚の全粒粉ブレッドの間に、スモークベーコンとまろやかな半熟玉子、ジューシーなチキン、トマト、グリーンリーフがサンドされている。一口でさまざまな味わいが一度に楽しめるボリューム満点のサンドイッチ。

●ハニーハム&チェダーチーズサンドイッチ(480円)

香ばしい大麦ブレッドで、ハチミツを塗り重ねながらじっくりとスモークしたオリジナルのハニーグレイズドハム、コクのあるレッドチェダーチーズ、グリーンリーフをサンドしたもの。合わせた具材はシンプルながらも、何層にも重ねたハムの旨みと食感が存分に味わえるとか。

●テリヤキチキンサンドイッチ(480円)

リンゴとハチミツを使ったテリヤキソースで仕上げた炭火焼チキンを、チェダーチーズ、トマト、グリーンリーフとともに挟んだサンドイッチ。アクセントにワサビをきかせたマヨネーズを合わせて仕上げられている。

●エッグサンドイッチ(440円)

ほうれん草、ポテト、赤ピーマン、枝豆、タマネギの5種の具材を生地に合わせ、厚くしっとりと焼き上げたスパニッシュオムレツを、大麦ブレッドで大胆にサンドした、新しいスタイルの“エッグサンド”。具だくさんなオムレツに混ぜ込まれた野菜の異なる食感が後をひくのだとか。

●バナナ&ベーコンサンドイッチ(450円)

バナナフィリングとベーコン、ピーナッツクリームというユニークな素材の組み合わせのサンドイッチ。アメリカでは昔から親しまれている定番のコンビネーションだとか。ハチミツを合わせたバナナフィリングのやさしい甘さに、コクのあるピーナッツクリームと芳醇なベーコンが重なった、甘みと塩味のコントラストがクセになるそうだ。

※表記価格はすべて税別