日本料理に欠かせない“おだし”を使った料理が楽しめる一軒家カフェ「こなな」が4月3日、東京・自由が丘にオープンする。

素材の味とおだしが香る、  やさしい味わいの「和ぱすた」が自慢  (写真は「こななセット」 1,330円~)
素材の味とおだしが香る、
やさしい味わいの「和ぱすた」が自慢
(写真は「こななセット」 1,330円~)

こななでは、「日本の四季を楽しむように」、旬の食材を使った料理が楽しめる。同店の主力メニューは、基本の味付けに“おだし”を使い、素材そのものの味を活かした「和ぱすた」。ベーシックな「だし風味」に加え、二度仕込み醤油を使った香ばしい「醤油風味」、深いコクのある「味噌風味」の3種類が用意される。

このほか、自家製アイスクリームを挟んだもなかや、わらび餅、大豆粉を使ったワッフルなどの甘味メニューもラインナップ。自由が丘店だけの“スペシャルメニュー”だそうだ。

写真は「紅あずまとかぼちゃ生麩のみたらし和パフェ」 780円  自家製のほうじ茶とミルクのアイスが合わされている
写真は「紅あずまとかぼちゃ生麩のみたらし和パフェ」 780円
自家製のほうじ茶とミルクのアイスが合わされている

店舗所在地は、東京都目黒区自由が丘1-3-21。営業時間は11時~23時(ラストオーダー22時)。