「畑の肉」と名高い大豆。肉に比べヘルシーと、健康を意識する人に人気の食材です。そんな大豆成分を使用した「ソイパティ」のハンバーガー、「ソイ野菜バーガー」が、3月24日にモスバーガーから発売されます。

大豆を使ったパティの「ソイ野菜バーガー」登場!
大豆を使ったパティの「ソイ野菜バーガー」登場!

また、小麦粉や乳、卵、白砂糖は使わず、豆乳や米粉、甜菜糖などを使った「やさしい豆乳スイーツ」も同時に発売。これらの新商品を、発売に先がけて開催されたメディア向け試食会で食べてきました!

■ソイパティの「ソイ野菜バーガー」を試食!
「ソイ野菜バーガー」は、肉を使わず、大豆由来の植物性たんぱくや野菜などにより肉の食感を再現したという「ソイパティ」のハンバーガー。パティとともにたっぷりのフレッシュな野菜がサンドされています。オーロラソースとアボカドソースの2種類の味で展開。

◆ソイ野菜バーガー オーロラソース 340円(税込)
「ソイ野菜バーガー」のソイパティは、見たところ、野菜入りの鶏つくねのよう。肉のパティに比べて色が薄く、混ぜ込まれたみじん切りの野菜が見て取れます。

「ソイ野菜バーガー」オーロラソース
「ソイ野菜バーガー」オーロラソース

ソイパティの食感は、想像以上に肉!しっかりした歯ごたえと、練り込まれた野菜や豆による粗挽き肉のような粒感が味わえます。見た目から豆腐ハンバーグのような柔らかさをイメージしていましたが、食感は肉のパティそのもの。

食感は肉そのものの「ソイパティ」
食感は肉そのものの「ソイパティ」

噛むほどに甘みを感じるソイパティ。大豆以外に使用されている玉ねぎ、セロリ、マッシュルーム、レンズ豆、ひよこ豆などのさまざまな素材が味に奥行きを作っています。くさみのないあっさりした味わいは、コクのあるオーロラソースと好相性です。

甘酸っぱくコクのあるオーロラソース
甘酸っぱくコクのあるオーロラソース

◆ソイ野菜バーガー アボカドソース 370円(税込)
薄いグリーンのアボカドソースはタルタル風。ピクルスや豆腐を使い、あっさりとした味に仕上げられています。ソースの主張が控えめなので、ソイパティの味をより楽しみたい人にオススメです。

「ソイ野菜バーガー」アボカドソース
「ソイ野菜バーガー」アボカドソース

さっぱりとしたタルタル風のアボカドソース
さっぱりとしたタルタル風のアボカドソース

■やさしい豆乳スイーツ ティラミス風&ベリームースを試食!
「やさしい豆乳スイーツ」は、米粉や豆乳、甜菜糖(てんさいとう)などで作られたスイーツ。小麦粉や乳、卵、白砂糖は使われておらず、健康が気になる人や乳製品が苦手な人に適しています。

◆やさしい豆乳スイーツ ティラミス風 380円(税込)
チーズの代わりに豆乳を使ったティラミス風スイーツは、上から米粉とココアのクランブル(砕いたクッキー)、豆乳ムース、米粉とココアのスポンジケーキの3層構成。

「やさしい豆乳スイーツ 」ティラミス風
「やさしい豆乳スイーツ 」ティラミス風

サクっとしたのち、ホロホロほどける食感のクランブル。ココアのほろ苦さの中に、黒糖にも似た甜菜糖のまろやかな甘みが広がります。なめらかな豆乳ムースは甘さ控えめ。全体としてすっきりした甘さに仕上げられています。

ふわりした口どけの豆乳ムース
ふわりした口どけの豆乳ムース

◆やさしい豆乳スイーツ ベリームース 380円(税込)
見た目にも華やかなベリームースは、ラズベリーソース、レモン果汁入りの豆乳ムース、米粉とココアのスポンジケーキの3層構成。ソースの上にはさらに、ブルーベリー&ラズベリーの果実、豆乳クリームがトッピングされています。

「やさしい豆乳スイーツ 」ベリームース
「やさしい豆乳スイーツ 」ベリームース

レモン果汁により甘さが引き立てられた豆乳ムースは、レアチーズケーキにも似た味わい。甘酸っぱくさわやかなベリーソースと相性ばつぐんです。ココアスポンジケーキのほろ苦さが全体を引き締め、バランスのよい味わいの一品。

◆「やさしい豆乳スイーツ」のための紅茶「ルフナティー」
「ルフナティー」は、「やさしい豆乳スイーツ」に合う茶葉として、紅茶研究家の磯淵猛氏によってセレクトされたもの。「やさしい豆乳スイーツ」いずれか1品と組み合わせ、「ルフナティーセット」としてのみ販売されます。価格は580円(税込)。

「やさしい豆乳スイーツ」とセットでのみ販売される「ルフナティー」
「やさしい豆乳スイーツ」とセットでのみ販売される「ルフナティー」

専門店の紅茶のように香り高い「ルフナティー」。ノンブレンドのため、深みがありながらも澄んだ味わいです。キレの良い苦みは、あっさりした甘さの豆乳スイーツにぴったり。
「ソイ野菜バーガー」と「やさしい豆乳スイーツ」は、“大豆は肉や乳製品などの代用品”というイメージをくつがえす新たなおいしさを教えてくれました。また、肉・乳製品が苦手な人や健康を意識している人など、多様なニーズに応えるメニューともなっています。今後もモスでは2020年の東京オリンピックを見据え、諸外国の人にも受け入れられるような魚や野菜を使ったメニューの充実を図っていくそうです。

なお、「ソイ野菜バーガー」は5月中旬まで、「やさしい豆乳スイーツ」および「ルフナティーセット」は10月中旬までの期間限定販売となっています。