北陸新幹線の開業を記念して、北陸エリアの地酒と料理がセットになった特別メニューを楽しめるグルメイベント「東京駅×地酒バル」が、3月15日から3月17日まで東京駅で開催される。

東京駅で、北陸の地酒をおいしい料理とともに…  (画像:果実園「生ハムとローストビーフ、フレッシュフルーツと共に」)
東京駅で、北陸の地酒をおいしい料理とともに…
(画像:果実園「生ハムとローストビーフ、フレッシュフルーツと共に」)

JR 東京駅改札外のレストランゾーン(キッチンストリート、黒塀横丁、北町ダイニング、グランルーフ、グランアージュ)にある18の飲食店が参加。富山県、石川県、福井県、新潟県の地酒やウイスキーと、酒に合う料理の特別セットが提供される。

店舗と提供メニュー(酒)の例は次のとおり。

オールドステーション「牛ハラミのグリル“バベットステーキ”スモールサイズ」(サンシャイン・ウイスキー)
蕎麦前処 二尺五寸「焼き鳥3本串ともりそば」(苗加屋 特別純米 琳青)
天ぷら 天喜代「蛤味比べセット」(白龍 大吟醸)
果実園「生ハムとローストビーフ、フレッシュフルーツと共に」(シャトー妙高 特別純米)

参加費用は3,000円。3枚つづりのチケットとなっており、1枚につき1店舗で特別セットを楽しめる。チケットは3日間有効。専用サイトで事前予約を受け付けている。当日の購入も可能だが、チケットがなくなり次第終了となる。受付場所は、グランルーフフロント(メゾン ド ロブロス前特設会場)およびグランアージュ(タリーズコーヒー横特設会場)。受付時間は18時30分~21時、開催時間は19時~22時。