“ラーメン好きの女性”に向けた初のイベント「ラーメン女子博 15’ -Ramen girls Festival-(以下、ラーメン女子博)」が、いよいよ今週末(3月7日・8日)、横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)で開催されます。

ラーメン大好きな筆者も心待ちにしている同イベント。開催に先駆け、ラーメン女子博出品メニューが特別にふるまわれる“ラーメン女子会”があると聞き、いてもたってもいられず潜入してきました!

ラーメン女子博だけの限定メニューを先取り!
ラーメン女子博だけの限定メニューを先取り!

ちなみにラーメン女子会とは、ラーメン女子博のプロデューサーを務める森本聡子さんが定期的に開催しているイベント。年間250杯以上のラーメンを食べるというラーメン通の森本さんが、開催店舗の T シャツを着て集まった女子たちをおもてなししてくれます。

今回の会場は、ラーメン女子博出店店舗の1つでもある「麺や 庄の」の系列店「メンショー トーキョー」(東京都文京区)。この日は森本さんを含むラーメン大好き女子6名が集まり、前菜、ラーメン、デザートというラーメンフルコースを堪能しました。

◆ラーメン女子の“お作法”とは?

イベント開始後、まずは野菜ジュースで乾杯!森本さんいわく、これが体型維持のポイントなのだとか。

それにしても皆さん、美人&スタイル良過ぎ…(汗)
それにしても皆さん、美人&スタイル良過ぎ…(汗)

メインのラーメンは、ラーメン女子博に出品予定の「豆乳海老白湯」。“ラーメンクリエイター”こと庄野智治さんが、ラーメンを存分に食べられる女子向けメニューとして考案した渾身の一杯だそうです。

「食後の罪悪感を無くすラーメン」と庄野さん
「食後の罪悪感を無くすラーメン」と庄野さん

 
ここで森本さんからラーメンを食べる前のアドバイス。ラーメンを撮影するときは、お箸やおしぼりなど余計なものをどかして、真上から撮影するとキレイに撮れるのだそう。

こんな感じ?
こんな感じ?

そして食べるときは、まずラーメンの魂がこもったスープだけをじっくり味わうこと。

まずはスープから味わって
まずはスープから味わって

筆者も試食させてもらったところ、とにかくスープが絶品!豆乳仕上げのスープに話題の“ココナッツオイル”を配合した海老オイルがトッピングされており、上品なコクと程よい塩加減に、香ばしい海老の香りがアクセントになって食欲を刺激します。油分控えめで後味がしつこくなく、いくらでも飲めそうです…。

永遠飲み続けられそうな絶品スープ
永遠飲み続けられそうな絶品スープ

 
麺はスープがよく絡む細麺でスルスルっと食べられるので、ラーメン女子博では最初や締めの一杯に良さそう。ちなみに薬味には紫キャベツが使われており、食後の口臭も気になりません。

デザートが食べ終わる頃には、すっかり女子トークに花を咲かせていたラーメン女子の皆さん。筆者は1人でラーメン屋に行くことが多いのですが、女の子同士でわいわい気兼ねなく食べるのも良いですね。

◆最後に「ラーメン女子博」のおさらい

なお、ラーメン女子博ではこのほかにも会場でしか食べられない女子向けラーメンが出品される予定。出店店舗は以下の通りです。

・麺や 庄の
・麺や Bar 渦
・麺屋 六感堂
・おっぱいラーメン×SOBAHOUSE 金色不如帰×ストライク軒
・牛骨らぁ麺マタドール
・ソラノイロ
・ラーメン愉悦処 似星
Bum Bun BLau Cafe with BeeHive


イベント入場料は無料ですが、食事の際は別途飲食券の購入が必要(当日飲食券1,500円、前売飲食券1,400円)。ラーメンは1杯あたり900円、ハーフサイズ600円で販売予定です。イベント開催時間は11時~21時(ラストオーダー20時半)。ちなみに男性も入場できるので、ラーメン好きは男女ともお見逃しなく!

“IKE 麺(イケメン)”にも会えるかも!?
“IKE 麺(イケメン)”にも会えるかも!?

 
※表記価格はすべて税込