月桂冠から、“猪口(ちょこ)付きびん”に詰めた日本酒「おちょこで日本酒(PONSHU)」が3月9日に発売される。180ml 入り、想定価格は260円(税別)。

左から、淡麗甘口、純米、超辛口冷酒
左から、淡麗甘口、純米、超辛口冷酒

この商品は、お猪口として使えるプラスチック製のキャップが付いた容器(ガラスびん)に入った日本酒。京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU」とのコラボレーションによって誕生した。

酒質は、日本酒の初心者向けに「淡麗甘口」「純米」「超辛口冷酒」の3種がラインナップ。

淡麗甘口は“初級編”として、1人で味わうシーンを想定し開発されたもの。香り豊かで飲みやすさが特徴の酒が詰められているそう。アルコール分は12度以上13度未満。淡麗で、味はやや甘口。

純米は“中級編”として、2人で楽しむシーンを想定し開発されたもの。アルコール分は10度以上11度未満と控えめながらも、米と米麹だけで醸した純米酒が詰められている。味はやや甘口。

超辛口冷酒は“上級編”として、大勢で料理を楽しみながら飲むシーンを想定し開発されたもの。さまざまな料理と相性が良い、淡麗ですっきりとした辛口の酒が詰められている。アルコール分は13度以上14度未満。