東京・三軒茶屋を散歩していたら見つけた“Frizza(フリッツァ)”の専門店「C'est Moi!(セモア)」。フリッツァとは、具材をピザ生地で包んで油で揚げた“揚げピザ”のこと。セモアは、テレビでもたびたび取り上げられ話題になっているお店です。

出来たてアツアツのフリッツァはいかが?
出来たてアツアツのフリッツァはいかが?

テイクアウトしようと思っていたのですが、店内にもイートインスペースやテラスがあるとのことなので、中に入って出来たてアツアツを食べてみることに。

ふらりと入った裏通りにお店を発見!
ふらりと入った裏通りにお店を発見!

気さくな店員さんとのおしゃべりも楽しめる
気さくな店員さんとのおしゃべりも楽しめる

今回オーダーしたのは、4種のチーズとロースハムを包んだ「クアトロ」(400円)と、イタリア産ポルチーニを包んだ「ポルチーニ」(650円)。待つこと5分ほどで、アツアツの揚げたてフリッツァが運ばれてきました!

見た目はカレーパンっぽい
見た目はカレーパンっぽい

生地は揚げパンのようでもあり、でもさらに厚みがあって、かじり付いた瞬間はカリッと始まり衣はサクサク、噛むほどにモチモチの食感に変化!油で揚げた小麦の香ばしさが広がります。

「クアトロ」は、チーズの旨みとコクのオンパレード!食べた瞬間、口の中にチーズの芳醇な香りが流れ込み、がつんと旨みが襲い掛かって来ます!ほどよい塩気とチーズならではの深い旨みがたまりません。ハムもしっかり入って食べごたえ満点。

お口の中がチーズ祭りに!
お口の中がチーズ祭りに!

一方「ポルチーニ」は、ホクホクのジャガイモがごろごろ入った贅沢な一品。味のベースとなるのは、コクのあるクリームソース。ぴりっとコショウがアクセントに効いています。

生地にしっかり閉じ込められて逃げ場を失ったポルチーニの妖艶な香りが、かぶり付いた瞬間、アツアツのソースとともに一気に口の中に放たれます。そのあとから、まろやかなクリームとジャガイモの甘みが充満。しあわせ!

香りが逃げないうちに食べて!
香りが逃げないうちに食べて!

クアトロとポルチーニがあまりに美味しかったので、デザートに甘いフリッツァも食べてみることに。旬のリンゴとキャラメルソースを合わせて包んだ「メーレ」(400円)をオーダーしてみました。

生地の中には、シャキシャキ感が残るように炒めたというリンゴがぎっしり詰まっています。トロっとした舌ざわりとシャクシャク食感のバランスが絶妙!キャラメルの香ばしさとほろ苦さ、生地の香ばしさがリンゴの甘さをさらに引き立てています。贅沢なアップルパイを食べている気分。

サクサク生地とリンゴの相性はバツグン
サクサク生地とリンゴの相性はバツグン

3種類も食べたのに、お腹は全然もたれませんでした。というのもセモアのフリッツァは、揚げ油に「コレステロールゼロのキャノーラ油」が使われているのだとか。なるほど、だから油っぽさもなく最後まで美味しく食べられたのかも。

ちなみに同店のフリッツァは独自の製法で作られており、もし冷めてしまってもモチモチの食感は健在なのだとか。さらに、1度冷めてから温めなおしてもモチモチは続くので、テイクアウトしてもお家で美味しく食べられるそうです。

ピザなのに片手で食べられるという手軽さも嬉しいですよね。これから暖かい季節がやって来たら、お散歩やお花見のおともにも活躍してくれそうです。

ビールとも最高に合うのよ
ビールとも最高に合うのよ