またまた海外で、新種のハイブリッドスイーツが登場したのでご紹介。米国発のレストランチェーン IHOP により開発された「Criss-Croissants(クリス クロワッサン)」だ。

ワッフルみたいな…クロワッサン?
ワッフルみたいな…クロワッサン?

クリス クロワッサンとは、クロワッサン生地をワッフル型で焼き上げたもの。クロワッサンのような“レイヤー(層)”と、ワッフルの表面の“クレーター(でこぼこ)”をあわせ持った「ここでしか食べることのできない」ハイブリッドスイーツだ。

生地をよく見るとちゃんと“層”になってる!
生地をよく見るとちゃんと“層”になってる!

フレーバーは「ストロベリー ルバーブ」と「ブラックベリー レモネード」の2種類。ストロベリー ルバーブは、半分に折りたたんだ生地でクリームを包み、上にイチゴとルバーブをトッピング。一方のブラックベリー レモネードは、生地でレモネードクリームをサンドしてブラックベリーをトッピングして仕上げられている。

食べると、36層に重ねられた焼きたてのクロワッサン生地が口の中で溶け、なめらかなクリームとジューシーなフルーツの味わいが広がるとか。

ブラックベリー レモネード(左)とストロベリー ルバーブ(右)  どっちも美味しそう!
ブラックベリー レモネード(左)とストロベリー ルバーブ(右)
どっちも美味しそう!

IHOP の公式 Facebook ページでクリス クロワッサンが発表されると、ファンからは「最高に美味しそう」「今すぐ食べたい!」といった興奮に満ち満ちたコメントのほか、「ずるい、私の街にはお店がないのに」「お願い、ロンドンまで持ってきて!」など IHOP の店舗がない国や地域に住む人たちからもクリス クロワッサンを熱望する声が多数寄せられている(ぜひ日本にも届けてほしい…!)。

生地それ自体の味や食感はおそらくクロワッサンなのだろうとは思うが、表面にでこぼこを付けること、クリームやフルーツを添えることで、また違った贅沢な味わいが楽しめそうだ。

※画像の出典は IHOP 公式サイトおよび公式 Facebook