世界最大級の鳥類「ダチョウ」。羽や皮革はファッションアイテムとして利用されているほか、その卵からつくった巨大な目玉焼きは食べたことがあるという人もいるかと思います。しかし、今回注目するのは卵ではなく肉(オーストリッチミート)。“ヘルシーで栄養価も高い”と、美を追求する女性たちが注目しているというのです。

獣臭そうなイメージがあるけれど、正直なところおいしいの?気になったえん食べ編集部、ダチョウ肉が提供されているレストランへ行って食べて来ました。

ダチョウ肉っておいしいの?
ダチョウ肉っておいしいの?

訪れたのは、都内で2店舗を展開するイタリアンレストラン「VESTA」。ここではレギュラーメニューとして「ダチョウ肉 3点ステーキ」(3,400円)が提供されています。取材日は2月9日の「肉の日」だったので、限定メニュー「VESTA 肉プレート」(2,900円)をオーダー。ほかのお肉とも食べ比べてみました。

やって来た大きなプレートには、さまざまなお肉が盛りあわされています。鴨(カモ)、イベリコ豚、エイジングビーフ(熟成された牛肉)、仔羊肉(ラム)、牛ハラミ、琥珀鶏、そしてダチョウ肉と総勢7種類!パッと見ただけではどれが何の肉か、ましてどれがダチョウ肉か分かりません。

どれがダチョウ肉か分かる?
どれがダチョウ肉か分かる?

店員さんに確認したところ、きれいな赤身のお肉がダチョウ肉でした(写真では、右から3種類目)。見た目は牛肉と似ているけれど、より濃厚で真紅に近い色合い。カモ肉や鶏肉に見られる脂身もありません。脂身が極端に少ない牛赤身肉といったイメージが近いかな?旨みが強いか、ものすごく臭みがあるか。とにかく何かしら濃い味がしそうな見た目です。

ところが、食べてみてビックリ。驚くほど淡白でした。「味がない」といってもいいくらいで、カモ肉のようなクセや、獣らしい臭みもまったく感じません。7種類の中では、ダントツであっさりした味。食感がありつつも柔らかく、とても上質なお肉でした。

これがダチョウ肉だ!
これがダチョウ肉だ!

この「淡白さ」こそがダチョウ肉の大きな特徴なのだそう。脂肪分が少ないため、とても淡白な味わいなのです。

でも、淡白すぎてちょっと物足りないかも。そんな人でも楽しめるようにと、同店では普段、タルタルのようなマヨネーズソース、わさび塩、オリエンタルな風味のマンゴースパイシーバター、すだちを添えて提供されているそうです。今回、特別に用意して頂いたのですが、脂肪分の物足りなさを補うにはマンゴースパイシーバターが、お肉の風味も味わうならわさび塩がオススメ。わさび塩はほかのお肉にもよく合いました。

お好みのソースをつけて
お好みのソースをつけて

ちなみに、この VESTA 肉プレートは「毎月やったら大赤字ですよ…(苦笑)」ということで、1年に1回の肉の日限定。今年初めての試みだったそうですが、来年以降も実施する予定とのことでした。

昨年の赤身肉に続き、今年はダチョウ肉が盛り上がるかも?流通量が少ない分お高めではありますが、通販でも購入できるので、だまされたと思ってお試しあれ。

※表記価格は税別。