建て替えのため、1月末で一旦クローズする東京會舘(とうきょうかいかん)から、生クリームの“山”の中に栗を入れたスイーツ「マロンシャンテリー」の人気フレーバーが週替わりで販売される。

1月17日まで販売されているのが、昨年4~5月に販売され好評だった「マロンシャンテリー 抹茶」。生クリームに抹茶を加えた抹茶クリームの中に、栗の甘露煮をそぼろ状にしたものと、大納言が入っている。大納言や栗の食感、抹茶の苦みが楽しめるとのこと。

和素材を組み合わせた人気フレーバー!
和素材を組み合わせた人気フレーバー!

1月18~24日に販売されるのは、昨年9月に発売され人気を得た「マロンシャンテリー アールグレイ」。アールグレイの葉をクリームに漬けることで味と香りがじっくりと引き出され、まるでロイヤルミルクティーのような味わいが楽しめるとか。クリームの中には、そぼろ状の栗の甘露煮が入っている。

香り高い紅茶とクリームの組み合わせは、まるでロイヤルミルクティー
香り高い紅茶とクリームの組み合わせは、まるでロイヤルミルクティー

1月25~31日に販売されるのは、バレンタインシーズンにぴったりの新商品「マロンシャンテリー ショコラ」。ほろ苦いチョコレートクリームで、甘い栗を包み込んで仕上げられている。

バレンタインデーシーズンにもぴったりのショコラ
バレンタインデーシーズンにもぴったりのショコラ

いずれも本舘1F のテイクアウトショップ「スウィートプラザ」で販売されるほか、1F ロビー横の「カフェテラス」でも提供される。販売価格は、スウィートプラザが各980円、カフェテラスが各1,080円(サービス料別)。なお、「マロンシャンテリー ショコラ」は本舘閉舘後、スウィートプラザ帝劇ビル店などで販売される予定とのこと。

※表記価格は税込