カフェやレストランのキッチンで働いている、または働いたことがある人にはわかってもらえると思うが、飲食店のキッチンスペースというのは非常に滑りやすい。水や油が床に飛び散ってしまうことも多く、うっかりツルッと滑ってドンガラガッシャーンとなる恐れもあり危険なのだ。

そんな危険を回避するため、キッチンでは得てして専用の靴を履くのだが、いろんな意味でこんなにもキッチンワークにぴったりの靴は初めて見た!というアイテムが米国通販サイト Publickitchensupply.com から発売されたのでご紹介したい。「Mozo - Men's Bacon N' Eggs Sharkz Shoes(ベーコンエッグ シューズ)」だ。

遊び心あふれるデザイン「ベーコンエッグ シューズ」
遊び心あふれるデザイン「ベーコンエッグ シューズ」

この靴は、黒色ベースのスリッポン型シューズに、右足にはベーコン、左足には目玉焼き(焼き方はサニーサイドアップ)がデザインされたもの。フライパンの上でベーコンエッグがジュージューと焼かれている、シズル感あふれる音が今にも聞こえてきそうだ。

靴底には滑り止めが付いているほか、独自の技術でつくられたという「MOZOFit System(モゾフィット システム)」が組み込まれており、誰の足にもぴったりとフィットするのだとか。また、軽量素材でつくられているうえに側面には通気穴が開いていて、履き心地の良さも追求されている。

デザインにも機能性にも優れたベーコンエッグ シューズの価格は29.95ドル(約3,500円)。日本への配送も行われているようなので、今履いている靴がツルツル滑って困っているという人はぜひ検討してみてはいかがだろうか。