秋深き 隣はなにを する人ぞ(松尾芭蕉)。秋も深まり、紅葉シーズンもいよいよクライマックスを迎えようとしています。京都あたりに色づくもみじや日本庭園を眺めに行きたいなーなんて思いつつも、なかなか時間が取れないのが現状。

そんな中、まるで水面に紅葉を映しだす金魚の池のごとく風情のある光景をマグカップの中で再現できる「金魚ちゃんのティーバッグ」が、台湾の Charm Villa 社から発表されました。

ゆーらりゆらり
ゆーらりゆらり

金魚ちゃんのティーバッグは、その名のとおり“金魚”がモチーフとなったティーバッグ。胸びれや尾びれ、ボディの美しい模様までがとてもリアルに再現されていて、お湯の中に入れると、まるで庭のお池をゆらゆらと泳ぎ回る金魚の姿を見ているような気分に浸れます。

米国メディア That's Nerdalicious によると、金魚ちゃんティーバッグは16もの工程を踏んでようやく完成されるのだとか。この繊細な優美さを出すために、何度も試行錯誤が繰り返されたであろうことが容易に想像できますね。

見ているだけで癒される…
見ているだけで癒される…

金魚ちゃんティーバッグは日本ではまだ販売されていないようですが、同社の公式 Facebook ページには「12月30日から正式予約が始まります」と日本語で告知されています。もしかすると、金魚ちゃん来日もそう遠くはないのかも?気になる方は、Facebook や公式サイトからメールなどで問い合わせてみてはいかがでしょうか。

金魚好きのあの人へ
金魚好きのあの人へ