東京駅で偶然見つけた「生サラミ」なる商品。「ねぎとろみたい」だというポップに釣られ、衝動買いしてしまいました。ねぎとろみたいなサラミって何者?

ねぎとろみたいなサラミ「生サラミ」って?
ねぎとろみたいなサラミ「生サラミ」って?

購入したのは、新潟県佐渡市の小さな会社「へんじんもっこ」の「たまとろ(生サラミ)」。国際大会で世界チャンピオンに輝いたこともある職人さんが作ったそうです。乾燥・燻製せず、豚肉を乳酸発酵させているそう。ドイツではパテのようにクラッカーにのせたりして食べられており、ドイツ語で「ツビーベルメトブルスト(ツビーベルメットブルスト)」というのだとか。

テレビなどでも取り上げられているそうなので、耳にしたことがある方も多いかもしれません。

金賞の文字が輝く
金賞の文字が輝く

見た目は火を通す前のソーセージのようにも見えますが、外袋から取り出すとしっとりしています。ドライサラミしか知らない筆者にとっては、新感覚の一品。

表面はしっとり。まったくサラミらしくない
表面はしっとり。まったくサラミらしくない

カットすると、断面は挽き肉をそのまま棒状に固めたようにも見えます。でも崩れることはありません。筆者宅の切れ味の悪い包丁では少し毛羽立って(?)しまいましたが…。
 
ミンチ肉を固めたみたい?
ミンチ肉を固めたみたい?

食べてみると、食感はまさにねぎとろ!生肉のような食感ですがくさみはなく、まろやかで、とろっと口の中でとけていきます。もちろん燻製されていないので煙の風味はありません。生ハムみたいだけど生ハムとは違うし、やっぱりねぎとろが一番近いように思うのです。

ちょっとくずしてバゲットにたっぷりとのせると、よりねぎとろらしくなりました。クラッカーともよく合います。これはワインを飲むしかない!ブラックペッパーを少しかけると、味が引きしまります。小ネギのみじん切りと合わせるのもいいそうですよ。

クラッカーにのせたり、バゲットにのせたり
クラッカーにのせたり、バゲットにのせたり

なお、ケーシングごとカットするときれいにカットできるそうです。スプーンですくって食べる、なんてことも。

ねぎとろみたいな生サラミを購入できる期間限定ショップ「GOOD FORTUNE FACTRY(グッドフォーチュンファクトリー)」は、JR 東京駅丸の内南口改札を入ってすぐ、エキュート東京の入り口付近に11月25日まで出店しています。

11月20日はボージョレ・ヌーヴォーの解禁日。たまとろサラミは、1本(160g)1,399円(税込)とちょっとお高いですが、ボージョレのおともや、パーティーメニューの一品など、特別なときにこそ試してみるのもいいかも。