“ご当地うどん”日本一を決定するグルメイベント「第4回 全国ご当地うどんサミット2014 in 蒲郡」が11月9日に開催され、愛知県きしめん普及委員会(名古屋市)の「金鯱(きんしゃち)カレーきしめん」がグランプリに選ばれた。

ご当地うどん No.1 は「金鯱カレーきしめん」  (出典:全国ご当地うどんサミット)
ご当地うどん No.1 は「金鯱カレーきしめん」
(出典:全国ご当地うどんサミット)

金鯱カレーきしめんは、愛知県産の新品種小麦「きぬあかり」でつくった麺とオリジナルカレーを合わせ、しゃちほこをイメージした海老フライ2尾がトッピングされたもの。“海老で麺を食う”一品なのだとか。

全国ご当地うどんサミットは、全国から国産小麦を使ったご当地うどんが集まるイベント。出展できるご当地うどんには、原材料に国産の小麦を使用していること、地域で日常的に食べることができる料理であること(もしくは、それを目指す料理であること)、といった条件が設けられている。今年度は25店が出展し、過去グランプリ受賞歴がある店など2店舗をのぞいた23店から、金鯱カレーきしめんが1位に選ばれた。

なお、2位は「大阪肉かすうどん」、3位は「豊橋カレーうどん」だった。