フランスの世界遺産「モン・サン・ミッシェル」で120年以上の歴史をもつレストラン「ラ・メール・プラール」が、12月5日、岡山県岡山市にオープンする大型商業施設「イオンモール岡山」に西日本初となる「ラ・メール・プラール イオンモール岡山店」を出店する。

厚さ5センチ、直径24センチの「伝統のオムレツ」  (写真はイメージ)
厚さ5センチ、直径24センチの「伝統のオムレツ」
(写真はイメージ)

「ラ・メール・プラール」は、1888年にモン・サン・ミッシェルで創業し、巡礼者に特別な料理を提供したのがはじまりとされるカジュアルフレンチレストラン。日本国内には、東京・有楽町店および横浜・みなとみらい店がすでにオープンしている。

看板メニューは、厚さ5センチ、直径24センチの「伝統のオムレツ」。メレンゲのようなふわふわとした独特の食感、有塩バターのみのシンプルな味付けなど“伝統の味”はそのままに、8種類から選べる付け合わせのソースとともに提供される。フライドポテト・パン付きで価格は1,990円(税込)。

このほかにも、「牛肉のステーキ フォアグラとマデラワインのソース」や「牛ホホ肉の赤ワイン煮」など、牛肉を使ったメイン料理や“本格”フレンチが堪能できるコース料理など、オムレツ以外のメニューも豊富に用意されているそうだ。

店舗所在地は、岡山県岡山市北区下石井1丁目2番1号 イオンモール岡山 7F。営業時間は11時~17時(ラストオーダー16時)、および17時~23時(ラストオーダー22時)。